━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃産┃業┃立┃地┃情┃報┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━

-◆ 産業立地情報メールマガジン 第26号 ◆---------------2015.04.15 [Wed]

 ※等幅フォントでご覧ください。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
 ・平成27年度「グローバル農商工連携推進事業」の補助事業者の公募
 ・平成26年度補正「地域オープンイノベーション促進事業(ものづくりネットワ
  ーク形成支援事業)」の公募
 ・平成27年度予算に係る戦略的基盤技術高度化支援事業の公募
 ・平成26年度補正予算「ロボット導入実証事業」の提案公募
 ・平成27年度卸商業団地機能向上支援事業助成金の公募
 ・港湾に立地する物流施設の再編・高度化に対する補助事業の公募
 ・平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化
  炭素削減対策支援事業)のうち二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業に係る公
  募
 ・平成26年度補正予算 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/
  最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)の公募(再掲)
 ・平成27年度研究開発助成金の公募(再掲)
 ・「平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業」の公募(再掲)
 ・平成26年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募(再掲)
 ・平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の1次公募(再掲)
 ○イベント情報
 ○地域の取り組み紹介
 ○企業立地関連情報アラカルト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----☆ PR ☆--------------------------------------------------------------

★☆★工場立地法解説(第8版)絶賛発売中!!★☆★

 平成23年の植栽規定の変更や平成24年の施行令の改正を反映した工場立地法解説
を発売中です。

 価格:5,000円(税別、送料1冊360円、2〜3冊510円、4冊以上実費)

 ご購入希望の方は、当財団ホームページよりお申し込みください。

http://www.jilc.or.jp/journal/index.html#hachihan

--------------------------------------------------------------☆ PR ☆----


T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○平成27年度「グローバル農商工連携推進事業」の補助事業者の公募

 地域の基幹産業である農業(漁業、林業を含む)の成長産業化、特に農林水産物
・食品の域外需要獲得の促進に向け、商工業の技術・ノウハウ等を活用する農商工
連携を通じ、グローバルな農業生産(植物工場含む)・加工・流通・販売システム
の構築実証及び海外展開を目指す植物工場等の先端生産システムの国内実証に要す
る経費の一部を補助します。


 公募期間:平成27年4月8日(水)〜5月8日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150408001.html




○平成26年度補正「地域オープンイノベーション促進事業(ものづくりネットワー
 ク形成支援事業)」の公募

 本事業は、新分野・新事業展開を目指す地域の中核企業候補を実施主体とする企
業等連携体の取り組みを支援する事業です。単独企業では対応困難なマーケットニ
ーズに応えられるよう、企業等連携体が新分野・新事業展開に取組むためのネット
ワーク形成、試作開発、販路開拓等を支援します。


 公募期間:平成27年4月2日(木)〜4月24日(金)17時まで(必着)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k150402001.html




○平成27年度予算に係る戦略的基盤技術高度化支援事業の公募

 本事業は、デザイン開発、精密加工、立体造形等の特定ものづくり基盤技術(12
分野)の向上につながる研究開発、その事業化に向けた取組を支援する事業です。
中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化に
つながる可能性の高い研究開発及びその成果の販路開拓への取組を一貫して支援し
ます。


 公募期間:平成27年4月13日(月)〜6月11日(木)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2015/150413SenryakuKoubo.htm




○平成26年度補正予算「ロボット導入実証事業」の提案公募

 本事業では、ものづくり分野及びサービス分野のロボット未活用分野や、中小企
業などこれまでロボットを活用したことがない主体におけるロボット導入の実証を
行う事業者、及びロボット導入に関する実現可能性調査(FS調査)を行う民間事業
者等に対してその費用の一部を補助し、ロボット導入の促進を目指します。


 公募期間:平成27年3月31日(火)〜5月8日(金)17時必着


 詳細については、以下をご覧ください。

http://jara.jp/hojyo/koubo_teian.html




○平成27年度卸商業団地機能向上支援事業助成金の公募

 全国中小企業団体中央会では、卸商業団地における施設の建て替えや新規立地へ
の移転等の団地再整備(団地再整備事業)、各種共同事業の再構築等による機能強
化(共同事業機能強化事業)など、団地機能を向上させるために行う事業を実施す
るに当たって必要な調査研究、事業化調査、基本計画・詳細計画策定、システム開
発などの費用の一部を助成します。


 助成対象者:卸商業団地を形成する事業協同組合・同連合会で一定の要件を満た
       す者

 募集期間:平成27年4月10日(金)〜5月11日(月)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/27oroshi-josei20150410.html




○港湾に立地する物流施設の再編・高度化に対する補助事業の公募

 国土交通省では、港湾における防災機能の向上及び効率的な物流網の形成を図る
ため、港湾に立地する物流施設の再編・高度化を行う民間事業者を対象とする補助
事業の公募を行います。


 対象事業:
 以下の要件を全て満たす事業
 ・2以上の物流施設の更新を伴う、2以上の事業者による物流施設の整備である
  こと
 ・整備される物流施設の延床面積が3,000u以上となること
 ・当該港湾における防災機能の向上及び物流の効率化が図られるものであること


 対象港湾:苫小牧港、仙台塩釜港、京浜港、新潟港、清水港、名古屋港、四日市
      港、阪神港、水島港、広島港、徳山下松港、関門港、博多港、那覇港
      ※臨港地区に限る

 補助対象施設:物流施設の共用部(ランプウェイ、スロープ等)※及び共同施設
        (道路、緑地等)
        ※免震機能を含む

 補助率:1/3

 応募受付期間:平成27年4月1日(水)〜5月13日(水)(17:00必着)

※なお、予算の範囲内において、平成27年下期(平成27年10月上旬頃)において、
二回目の公募を行う予定としています。


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000116.html




○平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化炭
 素削減対策支援事業)のうち二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業に係る公募

 年間CO2排出量が50トン以上の工場及び事業場等の事業所に二酸化炭素削減ポテ
ンシャル診断を行う専門機関を派遣し、設備の導入状況、運用状況、エネルギー消
費状況を踏まえ、当該事業所において適用可能な具体的な二酸化炭素削減対策を明
らかにします。本事業においては二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を行うため
に必要な経費を補助金として交付します。


 公募期間:@平成27年5月11日(月)〜6月19日(金)17時必着
      A平成27年5月11日(月)〜5月29日(金)17時必着

 ※年間CO2排出量@3,000t以上、A50t以上3,000t未満

 公募説明会:4月下旬(東京、大阪、仙台、名古屋、札幌、広島、福岡)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/100855.html




○平成26年度補正予算 地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/最
 新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)の公募(再掲)

 本事業は、地域の工場やオフィス、店舗等において、エネルギー削減効果が確認
できる最新モデルの省エネルギー機器等を導入する際に、導入機器等の費用の一部
を補助する制度です。


 公募期間:平成27年3月16日(月)〜12月11日(金)16:00必着


 詳細については、以下をご覧ください。

https://sii.or.jp/category_a_26r/




○平成27年度研究開発助成金の公募(再掲)

 公益財団法人三菱UFJ技術育成財団では、技術指向型の中小企業の新技術、新製
品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っています。
 現在、平成27年度第1回の公募を行っています。


 公募期間:平成27年4月1日(水)〜5月31日(日)当日消印有効


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html




○「平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業」の公募(再掲)

 海外市場に活路を見出そうとする中小企業・小規模事業者の海外展開に向けた戦
略策定や販路開拓につなげるため、F/S(実現可能性調査)支援に加え、Webサイト
の外国語化、物流体制の構築等を支援します。


 公募期間:平成27年3月6日(金)〜5月29日(金)
      二次締切:平成27年5月29日(金)必着


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html




○平成26年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募(再掲)

 小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用
(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)を支援します。


 補助率:補助対象経費の2/3以内

 補助上限額:50万円、
       100万円(雇用増加、処遇改善、買い物弱者対策)、
       500万円(連携する小規模事業者数による)

 補助対象者:
 製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主で
 あり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊
 業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)
 の事業者

 公募期間:平成27年2月27日(金)〜5月27日(水)
      第2次受付締切:平成27年5月27日(水)当日消印有効


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2015/150227shokibo.htm




○平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の1次公募(再掲)

 国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定
支援機関等と連携して、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企
業を支援します。


 補助率:2/3以内

 補助上限額:【革新的サービス】1.一般型    1,000万円
                2.コンパクト型  700万円
       【ものづくり技術】         1,000万円
       【共同設備投資】      共同体で 5,000万円(500万円/社)

  ※【革新的サービス】の一般型、【ものづくり技術】、【共同設備投資】につ
   いては設備投資が必要

 公募期間:平成27年2月13日(金)〜5月8日(金)当日消印有効


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/koubo20150213.html




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○とやま企業立地セミナー(大阪)開催のご案内

  主催  :とやま企業立地セミナー開催実行委員会、富山県
  日時  :平成27年5月20日(水) 16:00〜18:00
  場所  :ANAクラウンプラザホテル大阪 3階 万葉の間
       (大阪府大阪市北区堂島浜1-3-1)

http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1307/kj00015301.html




○企業立地フェア2015 開催のご案内

  主催  :一般社団法人日本経営協会
  日時  :平成27年5月20日(水)〜22日(金) 10:00〜17:00
  場所  :東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟
       (東京都江東区有明3-11-1)

http://www.noma.or.jp/bcd/2015/




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。
(イベント名、主催者、日時、場所、URL、ご担当者名等を、本メール下部にある
メールアドレスまでお知らせください。)




┼───────────────────────────────────┼
  ★☆★地域の取り組み紹介★☆★
┼───────────────────────────────────┼


「茨城県 輸出入コンテナ貨物助成事業」


 茨城県では、茨城港常陸那珂港区、鹿島港から輸出入されるコンテナ貨物に対し
て助成を行います。


【常陸那珂港区定期コンテナ航路利用助成制度】
【鹿島港定期コンテナ航路利用助成制度】


@新規利用支援

 対象等:前年度に輸出入の実績のない荷主が行う輸出入コンテナ貨物が対象。既
     に利用のある荷主でも新たに相違するルートからの輸出入は対象

 助成額:コンテナ1本あたり1万円(国際フィーダー利用の場合2千円加算)

 助成先:荷主

 助成上限:1ルート 100万円(常陸那珂港区)、50万円(鹿島港)



A継続利用支援

 対象等:利用実績のある荷主が行う輸出入コンテナ貨物のうち、ルート毎で前年
     同期比(四半期単位)から増加したコンテナ貨物について助成

 助成額:コンテナ1本あたり5千円(国際フィーダー利用の場合は1千円加算)

 助成先:荷主

 助成上限:1ルート 100万円(常陸那珂港区)、50万円(鹿島港)



B新規航路開設支援

 対象等:航路の開設、増便または延伸等により、@、Aに該当するコンテナ貨物
     に対して助成

 助成額:コンテナ1本あたり2千円

 助成先:運行船社

 助成上限:50万円



〈助成対象期間〉平成27年4月1日〜平成28年3月31日まで

〈申請受付開始日〉平成27年4月20日(月)から


 詳細については、以下をご覧ください。


茨城港常陸那珂港区
http://www.ipac-web.jp/

鹿島港
http://www.kashimafuto.co.jp/dantai/h27josei.html




※ このコーナーでは、企業誘致に関する特徴的な取り組みを紹介します。
 掲載を希望される自治体の方は、本メール下部にあるメールアドレスまでお知ら
せください。




□■□★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□


企業立地関連情報アラカルト

「農林水産関連企業への金融措置A
 特定農産加工資金」

 日本政策金融公庫農林水産事業では、農産物の自由化等により影響を被る特定の
農産加工業者の経営の改善を図るため、特定農産加工業経営改善臨時措置法に基づ
き、事業転換、新商品・新技術の開発・利用、事業提携等に対し、長期低利資金を
融資します。


<対象者>

1.以下の特定農産加工業の中小企業者及びこれらの業者を構成員とする事業協同
組合等
 ・かんきつ果汁製造業
 ・非かんきつ果汁製造業
 ・パインアップル缶詰製造業
 ・こんにゃく粉製造業
 ・トマト加工品製造業
 ・甘しょでん粉製造業
 ・馬鈴しょでん粉製造業
 ・米加工品製造業(米穀粉、包装もち、加工米飯、米菓生地、和生菓子[米を原
  料とするもの])
 ・麦加工品製造業(小麦粉、小麦でん粉、精麦、麦茶)
 ・乳製品製造業(飲用牛乳を含む)
 ・牛肉調製品製造業
 ・豚肉調製品製造業


2.以下の関連農産加工業の中小企業者及びこれらの業者を構成員とする事業協同
組合等(特定農産加工業者との事業提携による生産の共同化等を行う場合)
 ・果実加工食品製造業(ジャム、フルーツゼリー、果実缶詰等)
 ・こんにゃく製品製造業(板こんにゃく、こんにゃくゼリー、こんにゃくドリン
  ク等)
 ・甘しょ加工食品製造業(甘しょチップス、フライドポテト、冷凍ポテトコロッ
  ケ等)
 ・馬鈴しょ加工食品製造業(ポテトチップス、フライドポテト、冷凍ポテトコロ
  ッケ等)
 ・米菓製造業(せんべい、あられ等)
 ・みそ製造業
 ・しょうゆ製造業
 ・めん製造業
 ・パン製造業
 ・ビスケット製造業(小麦せんべいを含む)
 ・冷凍冷蔵食品製造業([生乳又は乳製品を原材料とするもの]プリン、ババロ
  ア等)
 ・牛肉・豚肉以外の食肉調製品製造業(鶏肉缶詰、冷凍チキンナゲット等)


<対象費用>

 以下の事業を行うための建物の建設、機械の取得に要する費用。また、1.につ
いては、特許権等の取得や研究開発に要する費用。


 ※経営改善措置に関する計画又は事業提携に関する計画について、当該計画に係
  る事業所の所在地を管轄する都道府県知事の承認が必要です。

@新商品・新技術の研究開発、利用
 新しい商品の開発・製造、商品の品質向上・コスト削減のための機械・施設の導
 入等

A事業の転換
 現在行っている特定農産加工業部門の相当部分の廃止・縮小に伴う他の農産加工
 業部門の導入・拡大等

B事業提携による生産の共同化
 複数の事業者の生産の共同化、合併等に伴う生産体制の整備等


 詳細については、最寄りの日本政策金融公庫支店(農林水産事業)もしくは農林
水産省食料産業局食品製造卸売課までお問い合わせ下さい。




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 東京では、もうすっかり葉桜になってしまい、桜前線は東北辺りを北上中のよう
です。今年は桜の開花は例年より早かったものの、東京では5年ぶりに4月に雪が
降り、北関東や南東北の桜の花は雪化粧しました。これを持って温暖化による異常
気象と言い切ることはもちろんできませんが、今までになかったような気象が今ま
でになかったような頻度で出現している気はします。こうした状況が経済活動にど
のような影響を与えるのかわかりませんが、設備投資の動向変化には注視していき
たいと思います(F)。 
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 本メールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、一般財団法人日本立地セ
ンター産業立地部の職員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。
 登録・解除、バックナンバー閲覧は、「立地.net」の以下のURLからお願いいた
します。
 http://ritti.net/mail_maga/index.html
 登録メールアドレスの変更をご希望の場合、お手数ですが上記のページで一度解
除ののち、再度ご登録ください。
 ご意見やご質問等のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたします。


     一般財団法人日本立地センター 産業立地部
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8962  FAX:03-3518-8969

     産業立地支援サイト「立地.net」 http://ritti.net

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘