━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃産┃業┃立┃地┃情┃報┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━

-◆ 産業立地情報メールマガジン 第51号 ◆---------------2016.05.02 [Mon]

 ※等幅フォントでご覧ください。


 このたびの九州・熊本地震で被災された皆様には謹んでお見舞いを申し上げます。
 被災地におかれましては、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
 ・雇用促進税制の延長
 ・平成28年熊本地震の発生に伴う雇用調整助成金の特例
 ・「平成28年度省エネ大賞」の募集
 ・平成28年度卸商業団地機能向上支援事業助成金の公募(再掲)
 ・平成28年度研究開発助成金の公募(再掲)
 ・2015年度「グローバルイノベーション拠点設立等支援事業」の公募(再掲)
 ・平成27年度補正予算小規模事業者支援パッケージ事業「小規模事業者持続化補
  助金」の公募(再掲)
 ・平成28年度予算中小企業連携組織対策推進事業「中小企業活路開拓調査・実現
  化事業」の公募(再掲)

 ○イベント情報

 ○地域の取組み紹介

 ○地域からのお知らせ

 ○企業立地関連情報アラカルト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----<< PR >>----------------------------------------------------------

■□■『工場立地法解説(第8版)』発売中■□■

 平成23年の植栽規定の変更や平成24年の施行令の改正を反映した『工場立地法解
説』を発行しています。

 価格:5,000円(税別・送料1冊360円、2〜3冊510円、4冊以上実費)

 ご購入希望の方は、当財団のホームページよりお申し込みください。

http://www.jilc.or.jp/journal/index.html#hachihan

■□■機関誌『産業立地』をリニューアルしました■□■

当財団の機関誌『産業立地』を新年度(平成28年5月号)よりリニューアルし、そ
れに伴い価格を改定しました。今後も読者の皆様に企業立地に関する幅広い情報を
お届けいたします。

 年間購読料:6,000円(税別・送料無料)
 1部:1,000円(税・送料別)

 定期購読・ご購入希望の方は、当財団のホームページよりお申し込みください。

http://www.jilc.or.jp/journal/index.html

----------------------------------------------------------<< PR >>----


T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○雇用促進税制の延長
 厚生労働省による、適用年度中に雇用者数増などの一定の要件を満たした事業主
に、法人税(個人事業主の場合は所得税)の税額控除を適用する雇用促進税制につ
いて、平成29年度まで2年間延長となりました。

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/roudouseisaku/koyousokushinzei.html




○平成28年熊本地震の発生に伴う雇用調整助成金の特例

 厚生労働省では、平成28年熊本地震に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を
余儀なくされ、雇用調整を行わざるを得ない事業主に対して、雇用調整助成金の特
例措置を講じています。

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000122452.html




○「平成28年度省エネ大賞」の募集

 一般財団法人省エネルギーセンターでは、省エネルギー意識、活動および取組み
の浸透、省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的に、優れた省エネル
ギー活動事例や技術開発による先進型省エネルギー製品等を表彰する「省エネ大賞」
の募集を行っています。

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.eccj.or.jp/bigaward/




○平成28年度卸商業団地機能向上支援事業助成金の公募(再掲)

 全国中小企業団体中央会では、卸商業団地における施設の建て替えや新規立地へ
の移転等の団地再整備(団地再整備事業)、各種共同事業の再構築等による機能強
化(共同事業機能強化事業)など、団地機能を向上させるために行う事業を実施す
るに当たって必要な調査研究、事業化調査、基本計画・詳細計画策定、システム開
発などの費用の一部を助成します。

 助成対象者:卸商業団地を形成する事業協同組合・同連合会で一定の要件を満た
       す者

 募集期間:平成28年3月31日(木)〜5月10日(火)

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/28oroshi-josei20160331.html




○平成28年度研究開発助成金の公募(再掲)

 公益財団法人三菱UFJ技術育成財団では、技術指向型の中小企業の新技術、新
製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っています。
現在、平成28年度第1回の公募中です。

 公募期間:平成28年4月1日(金)〜5月31日(火)当日消印有効

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html




○2015年度「グローバルイノベーション拠点設立等支援事業」の公募(再掲)

 本事業は、日本において外国企業が日本企業等と連携してイノベーション拠点設
立や実証研究、事業化可能性調査を実施するための経費を補助することにより、研
究開発部門等の高付加価値部門を日本に誘致して、海外から優れた経営資源を呼び
込むとともに、日本をグローバル・バリューチェーンにおける高付加価値拠点・イ
ノベーションセンターとすることを目的とするものです。

 対象:日本国内における再生医療分野またはIoT(=Internet of Things)分野の
    (1)グローバルイノベーション拠点設立事業
    (2)実証研究事業
    (3)事業化可能性調査事業

 公募期間:平成28年2月16日(火)〜9月9日(金)正午

 詳細については、以下をご覧ください。

https://www.jetro.go.jp/invest/support/info.html




○平成27年度補正予算小規模事業者支援パッケージ事業「小規模事業者持続化補助
 金」の公募(再掲)

 本事業は、小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、
商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む
販路開拓等を支援するものです。

 公募期間:平成28年2月26日(金)〜5月13日(金)

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/press/2015/02/20160226003/20160226003.html

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2016/160226shokibo.htm




○平成28年度予算中小企業連携組織対策推進事業「中小企業活路開拓調査・実現化
 事業」の公募(再掲)

 本事業は、中小企業が単独では解決することが難しい問題(ブランド化戦略、既
存事業分野の活力低下、技術・技能の承継の困難化、環境問題等)を解決するため
に、中小企業組合等で連携して取り組む事業の調査やその実現化について、全国中
央会から補助を行うものです。

 対象:中小企業組合(事業協同組合、企業組合等)、一般社団法人、任意グルー
    プ 等

 事業の種類:(1)中小企業組合等活路開拓事業
       (2)組合等情報ネットワークシステム等開発事業
       (3)連合会(全国組合)等研修事業

 公募期間:平成28年2月22日(月)〜7月19日(火)必着

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/2016/160222katurokoubo.htm

http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/28katsuro-project.htm




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○企業立地フェア2016 開催のご案内

  主催  :一般社団法人日本経営協会
  日時  :平成28年5月18日(水)〜20日(金) 10:00〜17:00
  場所  :東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西4ホール
       (東京都江東区有明3-11-1)

http://www.noma.or.jp/bcd/2016/




○大手・中堅商社ジェグテック商談会 開催のご案内

  主催  :独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)
  日時  :平成28年5月30日(月) 10:00〜18:00
  場所  :中小機構 会議室(東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル)
 参加費  :無料(事前予約制)

http://www.smrj.go.jp/kanto/seminar/093227.html




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。
(イベント名、主催者、日時、場所、URL、ご担当者名等を、本メール下部にある
メールアドレスまでお知らせください。)




┼───────────────────────────────────┼
  ★☆★地域の取り組み紹介★☆★
┼───────────────────────────────────┼


「春日井市の工業振興共同事業助成金」


 愛知県春日井市では、工業振興に向けた支援施策の1つとして、通勤バス等の通
勤支援業務委託、託児または集中浄化槽に係る整備のほか、福利厚生事業、講習会、
研究会事業、表彰事業、展示会、見本市、競技会事業、調査、情報提供事業、共同
宣伝事業、情報化推進設備事業、防犯・安全事業または事業環境整備事業について、
複数の事業者が共同で行う場合、対象経費を助成する制度を設けています。

1.事業者が共同で通勤バス等の通勤支援業務委託、託児または集中浄化槽に係る
  整備等を行う場合

〈助成対象〉
@初回のものであること(1つの事業につき、5年間に限る)
A工業団地協同組合または3社以上の事業者(3分の2以上が製造業者)が連携し
 て行うものであること。

〈助成対象者〉
 全ての事業者

〈助成額〉
 対象経費の50%以内(限度額3,000万円/年)

2.事業者が共同で事業を行う場合

〈助成対象〉
@工業団地協同組合又は3社以上の事業者(3分の2以上が製造業者)が連携して
 事業(通勤バス等の通勤支援業務委託、託児または集中浄化槽に係る整備等を除
 く)を行うものであること。
A福利厚生事業、講習会、研究会事業、表彰事業、展示会、見本市、競技会事業、
 調査、情報提供事業、共同宣伝事業、情報化推進設備事業、防犯・安全事業また
 は事業環境整備事業のいずれかに該当する事業であること。

〈助成対象者〉
 全ての事業者

〈助成額〉
 対象経費の20%以内
 (限度額200万円/年、リース料・地代・賃料においては12月分の額)

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.city.kasugai.lg.jp/kigyo/setsubi/kougyosinko.html




※ このコーナーでは、企業誘致に関する特徴的な取り組みを紹介します。
 掲載を希望される自治体の方は、本メール下部にあるメールアドレスまでお知ら
せください。




□■□■□■―――――――――――――――――――――――――□■□■□■


企業立地関連情報アラカルト


「誤って納付した印紙税の還付」


 契約書や領収証などの印紙税の課税文書に誤って過大に収入印紙を貼り付けてし
まったような場合には、印紙税の過誤納金として還付の対象となる場合があります。

<還付の対象となるもの>

@請負契約書や領収書などの印紙税の課税文書に貼り付けた収入印紙が過大となっ
 ているもの
A委任契約書などの印紙税の課税文書に該当しない文書を印紙税の課税文書と誤認
 して収入印紙を貼り付けてしまったもの
B印紙税の課税文書の用紙に収入印紙を貼り付けたものの、使用する見込みのなく
 なったもの

 なお、収入印紙は、印紙税の納付のみでなく、登録免許税や国への手数料の納付
などにも使用されています。したがって、例えば、登録免許税や特許手数料を納付
するために収入印紙を貼り付けたような場合には、たとえ誤って貼り付けたもので
あっても印紙税法による還付の対象とはなりません。

 印紙税法による還付を受ける場合には、税務署が用意している「印紙税過誤納確
認申請書」に必要事項を記入のうえ、納税地の税務署長に提出してください。この
場合の納税地は、文書の種類や記載内容などによってそれぞれ異なる場合がありま
すのでご注意ください。なお、申請に当たっては、印紙税が過誤納となっている文
書と印鑑、法人の場合は代表者印が必要となります。
 還付される税金は、銀行口座振込あるいは郵便局を通じての送金となるため、還
付金を受け取るまでに若干の日数がかかることもあります。

 詳細については、以下をご覧ください。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7130.htm




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 今年のゴールデンウィークは、本日2日と6日を休めば10連休になります。海外
を含めて旅行や行楽に出られる方も多いと思いますが、中には今回の九州・熊本地
震の被災地において、ボランティア活動に参加される方もおられるのではないでし
ょうか。がれきの片付けや炊き出しといったボランティアによる活動は、被災地の
復旧・復興を支える大きな力となりますが、一方で、現場を混乱させる押しかけボ
ランティアの存在も一部で問題となっているようです。自治体によっては、県内か
九州在住者に限って募集しているところもありますので、ボランティアに行かれる
際は、事前に当該自治体のホームページ等をご確認いただければと思います。(F)
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 本メールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、一般財団法人日本立地セ
ンター産業立地部の職員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。
 登録・解除、バックナンバー閲覧は、「立地.net」の以下のURLからお願いいた
します。
 http://ritti.net/mail_maga/index.html
 登録メールアドレスの変更をご希望の場合、お手数ですが上記のページで一度解
除ののち、再度ご登録ください。
 ご意見やご質問等のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたします。


     一般財団法人日本立地センター 産業立地部
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8962  FAX:03-3518-8969

     産業立地支援サイト「立地.net」 http://ritti.net

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘