━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃産┃業┃立┃地┃情┃報┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━

-◆ 産業立地情報メールマガジン 第89号 ◆---------------2017.12.01[Fri]

 ※等幅フォントでご覧ください。




C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  ・地域中核企業創出・支援事業(第2次公募)」の採択決定(新規)
  ・第10回ワークライフバランス大賞の募集(新規)
  ・経営強化法による企業支援
  ・第5回IoT Lab Selectionの募集
  ・第3回女性活躍パワーアップ大賞の募集
  ・平成29年工場立地動向調査の上期(1−6月期)速報の発表
  ・中堅・中小製造業向けIoTツール・レシピの第2回募集結果の公表
  ・地域未来投資促進法に基づく基本計画の第一陣同意
  ・価格交渉サポート個別相談のご案内
  ・グッドスキルマークの表示を希望する製品等の募集

 ○イベント情報

 ○企業立地関連情報アラカルト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----<< PR >>----------------------------------------------------------


■□■『工場立地法解説(第8版)』発売中■□■

 平成23年の植栽規定の変更や平成24年の施行令の改正を反映した『工場立地法解説』
 を発行しています。

 価格:5,000円(税別・送料1冊360円、2〜3冊510円、4冊以上実費)

 ご購入希望の方は、当財団のホームページよりお申し込みください。

 http://www.jilc.or.jp/journal/index.html#hachihan


■□■企業誘致サポート事業のご案内■□■

 当財団では、自治体等による企業誘致活動を支援するため、「企業誘致サポート
 事業」として、企業立地意向調査(単独形式・合同形式)のほか、自治体職員の
 研修生受け入れ、東京事務所機能の設置など、様々な事業を実施しております。
 ご関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 http://www.jilc.or.jp/support/




----------------------------------------------------------<< PR >>----


T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○地域中核企業創出・支援事業(第2次公募)」の採択決定(新規)

 経済産業省による本事業は、地域経済を活性化するため、地域を牽引している/
できる「地域中核企業」を創出し、支援人材(プロジェクトマネージャー、コーディ
ネーター)の人脈や知見、各種支援施策・支援機関等の全国のリソースを活用しつ
つ、地域中核企業等が取り組む事業実施体制の整備、新技術・サービスの開発や活
用、事業化戦略の策定や販路開拓等を通じて、その成長を支援する事業です。今回、
各経済産業局等において平成29年度第2次公募を行ったところ、68件の応募があり、
外部の有識者で構成される審査委員会において審査を行った結果、地域未来投資促
進法に関連する事業を含む52件の採択を決定しました。

 http://www.meti.go.jp/press/2017/11/20171122004/20171122004.html




○第10回ワークライフバランス大賞の募集(新規)

 ワークライフバランス推進会議では、働く個人を応援する「ワークライフバラン
ス大賞」として、個人のワークライフバランス実現を支援している企業・組織での
優れた成果をあげている事例や、地域・社会に大きな貢献を果たしている事例を表
彰し、一層の社会的な普及・啓発を進めています。この度、第10回の募集を行いま
す。

 応募締切:平成29年12月15日(金)

 http://www.jisedai.net/wlbtaishou/2017/index.php




○経営強化法による企業支援

 中小企業・小規模事業者や中堅企業は、経営力向上のための人材育成や財務管理、
設備投資などの取組を記載した「経営力向上計画」を事業所管大臣に申請し、認定
されることにより固定資産税の軽減措置や各種金融支援が受けられます。計画作成
は、認定経営革新等支援機関でサポートを受けることが可能です。
 なお、固定資産税軽減措置を利用する場合は、遅くとも固定資産税の賦課期日
(1月1日)前までに経営力向上計画の認定を受ける必要があります。12月に入って
からの申請は、年内に認定が得られない可能性がありますので、極力早期に申請を
お願いします。

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/index.html




○第5回IoT Lab Selectionの募集

 世界的に産業・社会の在り方が大きく変化している中、我が国でも、新たなIoTビ
ジネスモデルの創出、プラットフォーマーの発掘・育成を図り、新たな成長の原動
力としていくことが必要です。IoT推進ラボでは、先進的 IoTプロジェクトを発掘し、
官民が連携して事業化を支援することを目的に、第5回先進的 IoTプロジェクト選
考会議(IoT Lab Selection)を開催し、尖ったIoTプロジェクトを募集します。

 応募締切:平成29年12月15日(金)

 https://iotlab.jp/jp/selection.html




○第3回女性活躍パワーアップ大賞の募集

 「女性活躍推進法」が施行され、企業における取り組みの加速化が求められてい
ますが、女性の成長と活躍を推進していくためには、女性人材の活用・登用に対す
る経営者や管理職の意識の高さや、中長期的な視点をもった育成が求められます。
そこで「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」では、女性の活躍を、組織の生
産性向上につなげる動きを加速させるために、女性活躍パワーアップ大賞として、
独自性ある創意工夫された取り組みを行っている組織を広く表彰します。

 応募締切:平成29年12月25日(月)

 http://www.powerup-w.jp/powerup/index.php




○平成29年工場立地動向調査の上期(1−6月期)速報の発表

 経済産業省は、平成29年上期の工場立地動向調査の結果を発表しました。本調査
は、工場を建設する目的でに1,000u以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給
業、電気業の事業者を対象とするものです。
 平成29年1−6月期における全国の製造業等の工場立地件数は499件(前年同期比
9.4%増)、工場立地面積は569ha(前年同期比1.7%増)となり、立地件数は3年前
(平成26年)の水準にまで回復しました。なお、地域別の立地件数では、静岡県
(40件)が最も多く、次いで兵庫県(36件)、群馬県(30件)、茨城県(26件)、
愛知県(24件)の順となりました。一方、立地面積は兵庫県(53.9ha)が最も大きく、
次いで静岡県(42.5ha)、茨城県(36.7ha)、福岡県(32.9ha)、福島県(32.4ha)
の順となっています。

 http://www.meti.go.jp/statistics/tii/ritti/index.html




○中堅・中小製造業向けIoTツール・レシピの第2回募集結果の公表

 ロボット革命イニシアティブ協議会では、中堅・中小製造業がより簡単に、低コ
ストで使える既存のアプリケーション・センサーモジュール等のツール等(新規開
発も含む)を全国から募集し、その結果を「スマートものづくり応援ツール・レシ
ピ」として公表しています。この度、第2回募集結果を公表しました。

 https://www.jmfrri.gr.jp/event/seminar/618/




○地域未来投資促進法に基づく基本計画の第一陣同意

 経済産業省は、地域未来投資促進法に基づき、関係省庁と共に、地方自治体が作
成し、8月末までに提出のあった39道府県・合計70計画を法施行後初めて同意しま
した。本法は、地域の特性を活用した事業の生み出す経済的波及効果に着目し、こ
れを最大化しようとする地方公共団体の取組を支援するもので、国では製造業のみ
ならずサービス業等の非製造業を含む、幅広い事業を対象とした支援措置を講じて
います。

 http://www.meti.go.jp/press/2017/09/20170929001/20170929001.html




○価格交渉サポート個別相談のご案内

 公益財団法人 全国中小企業取引振興協会では、価格交渉ノウハウについての相談
指導を希望する下請中小企業の方に、価格交渉の前準備、自社と取引を行うメリッ
トの提示方法、価格改定の必要性を示す見積り根拠(原材料や人件費の上昇などの
データ、個別原価計算等)、併せて業種別の下請取引ガイドラインの活用方法等に
ついて、専門家が訪問して個別に相談指導を行います。

 http://www.zenkyo.or.jp/kakakusupport/kobetsu.htm




○グッドスキルマークの表示を希望する製品等の募集

 厚生労働省及び中央技能振興センターでは、グッドスキルマークの表示を希望す
る製品等を募集します。グッドスキルマークとは、技能検定制度での特級技能士、
一級技能士または単一等級の技能士が製作した製品などであることを示すためのマー
クです。この取組は、グッドスキルマークの表示を認めることにより、直接、消費
者に対して、優れた技能によって製作された付加価値の高い製品であることをアピー
ルし、ものづくり日本の再興と熟練技能の継承を図ることを目的とするものです。

 募集期間:平成29年9月27日(水)〜平成30年1月31日(水)

 http://www.waza.javada.or.jp/goodskill/




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○あおもり産業立地フェア in NAGOYA

 主 催:青森県、青森県企業誘致推進協議会
 日 時:平成30年1月31日(水)13:30〜17:00
 会 場:名鉄ニューグランドホテル
     (愛知県名古屋市中村区椿町6−9)
 参加費:無料(要事前登録・定員70名)
 申込締切:平成30年1月16日(火)

 http://www.aomori-ritti-guide.jp/2017fair/nagoya/index.html




○あおもり産業立地フェア in TOKYO

 主 催:青森県、青森県企業誘致推進協議会
 日 時:平成30年2月13日(火)13:30〜17:00
 会 場:ホテルグランドパレス
     (東京都千代田区飯田橋1−1−1)
 参加費:無料(要事前登録・定員200名)
 申込締切:平成30年1月29日(月)

 http://www.aomori-ritti-guide.jp/2017fair/tokyo/index.html




※企業立地・産業振興に関連するイベント情報について、掲載をご希望の方は、
 イベント名、主催者、日時、場所、URL、ご担当者名等を、本メール下部にある
 メールアドレスまでお知らせください。なお、掲載は無料です。




□■□■□■―――――――――――――――――――――――――□■□■□■


企業立地関連情報アラカルト


「労働契約締結前の労働条件の明示内容等の明示(職業安定法の改正)」


 「職業紹介事業者、労働者の募集を行う者、募集受託者、労働者供給事業者等が
均等待遇、労働条件等の明示、求職者等の個人情報の取扱い、職業紹介事業者の責
務、募集内容の的確な表示等に関して適切に対処するための指針」が平成29年3月
31日に改正されており、平成30年1月1日から施行されます。

 企業が求人する際には、労働契約締結までの間、労働条件を明示しなければなり
ませんが、新たな項目が追加されます。
 明示は、書面の交付によって行いますが、求職者が希望する場合には、電子メー
ルによることも可能です。


<改正により追加された事項>

 @固定残業代制度の内容の明示

  具体的には、以下の項目等を明示することが求められています。

  ・固定残業代にかかる計算方法(固定残業代の基礎として設定する労働時間数
   及び金額を明らかにするものに限る)
  ・固定残業代を除外した基本給の額
  ・休日労働及び深夜労働分についての割増賃金を追加で支払うこと

 A裁量労働制を採用する場合は求人情報での明示

  企業が裁量労働制を採用している場合は、求人情報でそのことを明示すること
  が義務化されました。

 B試用期間中の労働条件の明示

  企業が試用期間を設ける意味合いで最初に有期雇用契約を結ぶときは、正社員
  として採用後の労働条件ではなく、試用期間である有期雇用の期間中の労働条
  件を求人情報に掲載することが義務付けられました。

 C求人情報変更の場合は変更内容の明示と理由説明

  以下のような場合には、求職者が変更内容を適切に理解できるような方法で労働
  条件の変更明示が必要となります。

  ・「当初の明示」と異なる内容の労働条件を提示する場合
  ・「当初の明示」の範囲内で特定された労働条件を提示する場合
  ・「当初の明示」で明示していた労働条件を削除する場合
  ・「当初の明示」で明示していなかった労働条件を新たに提示する場合


 詳細は、以下をご欄ください。

 (PDFファイル)
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000171017_1.pdf




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 先週の金曜日から、NHKで『マチ工場のオンナ』という番組が始まっています。
このドラマは名古屋が舞台となっていますが、原作は、東京都大田区にあるダイヤ
精機鰍フ諏訪貴子社長が書かれた『町工場の娘』です。諏訪社長は、政府の委員を
務めておられるほか、様々な講演会でお話をされたり、またTVにも度々ご出演さ
れていますので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。日本経済を質・量とも
に支えているのは中小企業の方々ですが、このドラマを見ていると、その中小企業
の数だけ、課題や問題があるのだということをあらためて実感させられます。(成)
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 本メールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、一般財団法人日本立地セ
ンター産業立地部の職員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。
 アドレスの登録・解除、バックナンバー閲覧は、「立地.net」の以下のURLから
お願いいたします。

 http://ritti.net/mail_maga/index.html

 登録メールアドレスの変更をご希望の場合、お手数ですが上記のページで一度解
除ののち、再度ご登録ください。
 ご意見やご質問等のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたします。


     一般財団法人日本立地センター 産業立地部
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8962  FAX:03-3518-8969

     産業立地支援サイト「立地.net」 http://ritti.net

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘