━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃産┃業┃立┃地┃情┃報┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━

-◆ 産業立地情報メールマガジン 第90号 ◆---------------2017.12.15[Fri]

 ※等幅フォントでご覧ください。




C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  ・省エネルギー設備投資に係る利子補給金の新規融資の四次公募(新規)
  ・第4回日本ベンチャー大賞の募集(新規)
  ・地域中核企業創出・支援事業(第2次公募)」の採択決定
  ・第3回女性活躍パワーアップ大賞の募集
  ・平成29年工場立地動向調査の上期(1−6月期)速報の発表
  ・中堅・中小製造業向けIoTツール・レシピの第2回募集結果の公表
  ・地域未来投資促進法に基づく基本計画の第一陣同意
  ・価格交渉サポート個別相談のご案内
  ・グッドスキルマークの表示を希望する製品等の募集

 ○イベント情報

 ○企業立地関連情報アラカルト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----<< PR >>----------------------------------------------------------


■□■『工場立地法解説(第8版)』発売中■□■

 平成23年の植栽規定の変更や平成24年の施行令の改正を反映した『工場立地法解説』
 を発行しています。

 価格:5,000円(税別・送料1冊360円、2〜3冊510円、4冊以上実費)

 ご購入希望の方は、当財団のホームページよりお申し込みください。

 http://www.jilc.or.jp/journal/index.html#hachihan


■□■企業誘致サポート事業のご案内■□■

 当財団では、自治体等による企業誘致活動を支援するため、「企業誘致サポート
 事業」として、企業立地意向調査(単独形式・合同形式)のほか、自治体職員の
 研修生受け入れ、東京事務所機能の設置など、様々な事業を実施しております。
 ご関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 http://www.jilc.or.jp/support/




----------------------------------------------------------<< PR >>----


T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○省エネルギー設備投資に係る利子補給金の新規融資の四次公募(新規)

 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)では、省エネルギー設備投資に係る
利子補給金の新規融資の四次公募を行います。本事業は、日本国内で事業活動を営
んでいる法人に対し、省エネルギー設備の導入に必要な資金について、指定金融機
関から受ける融資における利息の最大1%(最大10年間)を補給するものです。

 募集締切:平成29年12月22日(金)

 https://sii.or.jp/rishihokyu29/fourth.html




○第4回日本ベンチャー大賞の募集(新規)

 日本ベンチャー大賞は、若者などのロールモデルとなるような、インパクトのあ
る新事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰し称える制度です。起業を志す
人々や社会に対し、積極的に挑戦することの重要性や起業家一般の社会的な評価を
浸透させ、もって社会全体の起業に対する意識の高揚を図ることを目的としていま
す。経済産業省、農林水産省、オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会が
広く募集をかけて、経済団体、有識者等で構成される審査委員会において受賞者を
決定します。

 募集締切:平成30年1月14日(日)

 http://www.meti.go.jp/press/2017/12/20171204004/20171204004.html




○地域中核企業創出・支援事業(第2次公募)」の採択決定

 経済産業省による本事業は、地域経済を活性化するため、地域を牽引している/
できる「地域中核企業」を創出し、支援人材(プロジェクトマネージャー、コーディ
ネーター)の人脈や知見、各種支援施策・支援機関等の全国のリソースを活用しつ
つ、地域中核企業等が取り組む事業実施体制の整備、新技術・サービスの開発や活
用、事業化戦略の策定や販路開拓等を通じて、その成長を支援する事業です。今回、
各経済産業局等において平成29年度第2次公募を行ったところ、68件の応募があり、
外部の有識者で構成される審査委員会において審査を行った結果、地域未来投資促
進法に関連する事業を含む52件の採択を決定しました。

 http://www.meti.go.jp/press/2017/11/20171122004/20171122004.html




○第3回女性活躍パワーアップ大賞の募集

 「女性活躍推進法」が施行され、企業における取り組みの加速化が求められてい
ますが、女性の成長と活躍を推進していくためには、女性人材の活用・登用に対す
る経営者や管理職の意識の高さや、中長期的な視点をもった育成が求められます。
そこで「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」では、女性の活躍を、組織の生
産性向上につなげる動きを加速させるために、女性活躍パワーアップ大賞として、
独自性ある創意工夫された取り組みを行っている組織を広く表彰します。

 応募締切:平成29年12月25日(月)

 http://www.powerup-w.jp/powerup/index.php




○平成29年工場立地動向調査の上期(1−6月期)速報の発表

 経済産業省は、平成29年上期の工場立地動向調査の結果を発表しました。本調査
は、工場を建設する目的でに1,000u以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給
業、電気業の事業者を対象とするものです。
 平成29年1−6月期における全国の製造業等の工場立地件数は499件(前年同期比
9.4%増)、工場立地面積は569ha(前年同期比1.7%増)となり、立地件数は3年前
(平成26年)の水準にまで回復しました。なお、地域別の立地件数では、静岡県
(40件)が最も多く、次いで兵庫県(36件)、群馬県(30件)、茨城県(26件)、
愛知県(24件)の順となりました。一方、立地面積は兵庫県(53.9ha)が最も大きく、
次いで静岡県(42.5ha)、茨城県(36.7ha)、福岡県(32.9ha)、福島県(32.4ha)
の順となっています。

 http://www.meti.go.jp/statistics/tii/ritti/index.html




○中堅・中小製造業向けIoTツール・レシピの第2回募集結果の公表

 ロボット革命イニシアティブ協議会では、中堅・中小製造業がより簡単に、低コ
ストで使える既存のアプリケーション・センサーモジュール等のツール等(新規開
発も含む)を全国から募集し、その結果を「スマートものづくり応援ツール・レシ
ピ」として公表しています。この度、第2回募集結果を公表しました。

 https://www.jmfrri.gr.jp/event/seminar/618/




○地域未来投資促進法に基づく基本計画の第一陣同意

 経済産業省は、地域未来投資促進法に基づき、関係省庁と共に、地方自治体が作
成し、8月末までに提出のあった39道府県・合計70計画を法施行後初めて同意しま
した。本法は、地域の特性を活用した事業の生み出す経済的波及効果に着目し、こ
れを最大化しようとする地方公共団体の取組を支援するもので、国では製造業のみ
ならずサービス業等の非製造業を含む、幅広い事業を対象とした支援措置を講じて
います。

 http://www.meti.go.jp/press/2017/09/20170929001/20170929001.html




○価格交渉サポート個別相談のご案内

 公益財団法人 全国中小企業取引振興協会では、価格交渉ノウハウについての相談
指導を希望する下請中小企業の方に、価格交渉の前準備、自社と取引を行うメリッ
トの提示方法、価格改定の必要性を示す見積り根拠(原材料や人件費の上昇などの
データ、個別原価計算等)、併せて業種別の下請取引ガイドラインの活用方法等に
ついて、専門家が訪問して個別に相談指導を行います。

 http://www.zenkyo.or.jp/kakakusupport/kobetsu.htm




○グッドスキルマークの表示を希望する製品等の募集

 厚生労働省及び中央技能振興センターでは、グッドスキルマークの表示を希望す
る製品等を募集します。グッドスキルマークとは、技能検定制度での特級技能士、
一級技能士または単一等級の技能士が製作した製品などであることを示すためのマー
クです。この取組は、グッドスキルマークの表示を認めることにより、直接、消費
者に対して、優れた技能によって製作された付加価値の高い製品であることをアピー
ルし、ものづくり日本の再興と熟練技能の継承を図ることを目的とするものです。

 募集期間:平成29年9月27日(水)〜平成30年1月31日(水)

 http://www.waza.javada.or.jp/goodskill/




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○三重県外資系企業セミナー

 主 催:三重県
 日 時:平成30年1月25日(木)18:00〜20:00
 会 場:ホテルルポール麹町
     (東京都千代田区平河町2−4−3)
 参加費:無料(要事前登録・定員100名)
 申込締切:平成30年1月18日(木)

 https://www.jetro.go.jp/invest/newsroom/2017/683dffe81dbfbcb1.html




○いばらき産業用地視察会(圏央道沿線地域)

 主 催:鰹陽銀行、茨城県圏央道沿線地域産業・交流活性化協議会
 日 時:平成30年1月31日(水)9:30〜17:00
 見学先:@Dプロジェクト つくば研究学園
     A上河原崎・中西地区
     B伊奈・谷和原丘陵部地区
     C高エネ研南側未利用地
     Dしもつま鯨工業団地
     E常総IC周辺地区
     F五霞IC周辺地区
     ※集合場所:常陽つくばビル(茨城県つくば市吾妻1−14−2)
      解散場所:つくばエクスプレス つくば駅
 参加費:無料(要事前申込・定員80名)
 申込締切:平成30年1月22日(月)

 (PDFファイル)
 http://pdf.irpocket.com/C8333/PoNw/P0I9/siCn.pdf




○あおもり産業立地フェア in NAGOYA

 主 催:青森県、青森県企業誘致推進協議会
 日 時:平成30年1月31日(水)13:30〜17:00
 会 場:名鉄ニューグランドホテル
     (愛知県名古屋市中村区椿町6−9)
 参加費:無料(要事前申込・定員70名)
 申込締切:平成30年1月16日(火)

 http://www.aomori-ritti-guide.jp/2017fair/nagoya/index.html




○京都市企業誘致セミナー in 東京

 主 催:京都市
 日 時:平成30年2月2日(金)13:30〜16:30
 会 場:八芳園
     (東京都港区白金台1−1−1)
 参加費:無料(要事前申込・定員100名)
 申込締切:平成30年1月25日(木)

 http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000227742.html




○大阪立地プロモーションセミナー in 東京

 主 催:大阪府、大阪市、一般財団法人 大阪国際経済振興センター
 日 時:平成30年1月31日(水)14:00〜17:00
 会 場:ソラシティ カンファレンスセンター Sola City Hall West
     (東京都千代田区神田駿河台4−6 御茶ノ水ソラシティ 2階)
 参加費:無料(要事前申込・定員100名)
 申込締切:平成30年1月24日(水)

 https://www.investosaka.jp/event/00000152.html




○あおもり産業立地フェア in TOKYO

 主 催:青森県、青森県企業誘致推進協議会
 日 時:平成30年2月13日(火)13:30〜17:00
 会 場:ホテルグランドパレス
     (東京都千代田区飯田橋1−1−1)
 参加費:無料(要事前登申込・定員200名)
 申込締切:平成30年1月29日(月)

 http://www.aomori-ritti-guide.jp/2017fair/tokyo/index.html




○企業立地フェア2018(出展者募集)

 主 催:一般社団法人 日本経営協会
 日 時:平成30年5月16日(水)〜18日(金)10:00〜17:00
 会 場:東京ビッグサイト 西3ホール
     (東京都江東区有明3−11−1)
 出展申込締切:平成30年2月9日(金)
 
 https://noma-bcd.jp/2018/




※企業立地・産業振興に関連するイベント情報について、掲載をご希望の方は、
 イベント名、主催者、日時、場所、URL、ご担当者名等を、本メール下部にある
 メールアドレスまでお知らせください。なお、掲載は無料です。




□■□■□■―――――――――――――――――――――――――□■□■□■


企業立地関連情報アラカルト


「税の電子申告の義務化」


 2018年度税制改正で、企業の法人税、地方法人税、消費税の電子申告を2020年4
月1日以降開始する事業年度から義務化されることになりました。資本金1億円超
などの大企業が対象となります。法人税などの電子申告義務化に伴い、申告要件も
緩和されます。申告に必要な代表者か経理責任者の署名を委任を受けた社員や役員
の署名でも認め、添付書類は光ディスクなどで提出できるようになります。また、
サイバー攻撃や災害などでインターネットが利用できない場合に限って紙での申告
が認められます。

 詳細は、以下をご欄ください。

 (PDFファイル)
 http://www.mof.go.jp/about_mof/other/e-j/kokuzei.pdf




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 早いもので今号が本年最後のメールマガジンとなります。読者の皆様にとって、
平成29年はどのような年だったでしょうか。企業立地に関わる立場から見ると、今
年は事業者の設備投資意欲が強まる中にあって、労働力と用地の受け皿不足の問題
がいよいよ深刻化した年でした。これはある意味嬉しい悲鳴ではあるものの、容易
に解決できる問題でもなく、せっかく好循環が回りはじめた経済の足を引っ張る要
因にもなりかねません。来年はこうした問題としっかり向き合っていく必要があり
そうです。
 来年が読者の皆様にとってさらに良い年となりますようお祈り申し上げます。
本年も最後までお読みいただき、ありがとうございました。(裕)
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 本メールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、一般財団法人日本立地セ
ンター産業立地部の職員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。
 アドレスの登録・解除、バックナンバー閲覧は、「立地.net」の以下のURLから
お願いいたします。

 http://ritti.net/mail_maga/index.html

 登録メールアドレスの変更をご希望の場合、お手数ですが上記のページで一度解
除ののち、再度ご登録ください。
 ご意見やご質問等のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたします。


     一般財団法人日本立地センター 産業立地部
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8962  FAX:03-3518-8969

     産業立地支援サイト「立地.net」 http://ritti.net

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘