━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃工┃場┃立┃地┃相┃談┃窓┃口┃
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-◆ メールマガジン 第24号  ◆--------------------------2012.03.15 [Thu]
-◇ http://ritti.jp/  ◇------------------------------------------------

 ※等幅フォントでご覧ください。


 昨年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々には、心からお見舞いを申
し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  緊急CO2削減・節電ポテンシャル診断」受診事業所の追加募集について
  平成23年度自家発電設備導入促進事業費補助金(3次補正予算繰越分)に係る
  公募について
  平成24年度中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)
  の公募について
  海外展開のためのF/S支援事業の公募について(第一次募集)(再掲)
  海外展示会出展サポート支援企業の募集について(再掲)
  新技術開発助成の申請書公開について(再掲)
                                 。oO 
 ○イベント情報                        。o   
 ○企業立地関連情報アラカルト                 ┌Η┐┐ 
 ○工場立地相談窓口活動状況               ┌─┌┌┌┌┌┐
 ○工場立地相談窓口についてのお知らせ        ∩∩│‥ ‥ ‥ │
                          ∩∩∩    ∩∩∩∩
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○緊急CO2削減・節電ポテンシャル診断」受診事業所の追加募集について

 環境省では、東日本大震災の被災地の事業者を対象として緊急CO2削減・節電ポ
テンシャル診断(無料)を実施しています。本診断は、環境省が派遣する診断機関
が、工場やビル等における設備の導入・運用状況等を無料で計測・診断し、CO2削
減・節電のために有効と考えられる設備導入や運用改善等の費用・効果等に関する
情報を提供することにより、事業者における費用効果的な対策の実施を支援するも
のです。今般、受診事業所の追加の募集を行います。


 公募期間:3月13日(火)〜3月30日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14961




○平成23年度自家発電設備導入促進事業費補助金(3次補正予算繰越分)に係る公
 募について

 経済産業省資源エネルギー庁では、電力需給が逼迫する、又は逼迫するおそれが
ある地域(沖縄県を除く)において、自家発電設備(コージェネレーションシステ
ムにおける発電設備を含む)の新増設・増出力、休止・廃止設備の再稼働に対して、
設備の導入補助や燃料費の補助を行うことにより電気の供給力を強化し、もって電
力需給状況の安定化に資することを目的として、交付対象事業者を公募します。
※なお、本事業は、当該予算の繰越手続きにより認められた範囲で事業を行うこと
を前提に公募するものです。


 募集期間:平成24年2月29日(水)〜平成24年3月30日(金)17:00(必着)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1202/120229a/120229a.htm




○平成24年度中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)
 の公募について

 中小企業庁では、複数の中小企業等が連携して、優れた素材や技術等を活かし、
その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する
経費の一部を補助することにより、地域中小企業の海外販路の拡大を図るとともに、
地域経済の活性化及び地域中小企業の振興に寄与することを目的とした事業の公募
を行っています。


 募集期間:平成24年2月29日(水)〜平成24年3月23日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/2012/0229Jbrand-koubo.htm




○海外展開のためのF/S支援事業の公募について(第一次募集)(再掲)

 中小機構では新規の海外展開支援事業として、海外展開計画の重要な部分を占め
る海外生産拠点設立或いは販売先の開拓等に伴う市場調査等を支援し、海外での新
規事業・事業化に意欲のある中小企業を支援します。


 募集期間:平成24年2月27日(月)〜平成24年3月30日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/065503.html




○海外展示会出展サポート支援企業の募集について(再掲)

 中小機構では海外展示会への出展支援を通じて、中小企業の海外販路開拓の実現
を支援する「海外展示会出展サポート」として、(独)日本貿易振興機構(ジェト
ロ)等と連携し、ジェトロ等が主催又は海外展示会に設置するジャパンパビリオン
への出展に意欲的に取り込む中小企業を募集し、支援します。


 募集期間:平成24年2月23日(木)〜平成24年3月23日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/news/065251.html




○新技術開発助成の申請書公開について(再掲)

 新技術開発財団では、「独創的な新技術の実用化」をねらいとして、基本的技術
の確認が終了し、実用化を目的にした開発試作を対象に助成を行っています。
 現在、第89回(平成24年度第1次)の新技術開発助成申請書を公開中です。


 募集期間(毎年2回) : 第1次募集 4月1日〜4月20日
              第2次募集 10月1日〜10月20日


 詳細については、以下をご覧下さい。

http://www.sgkz.or.jp/download/index.html




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○全国フォーラムin東京〜地域資源の活用・地域間連携によるイノベーション
 創出〜 開催のご案内

  主催  :(財)日本立地センター、全国イノベーション推進機関ネットワーク
  日時  :平成24年3月16日(金) 13:30〜18:30
  場所  :日本青年館 国際ホール(東京都新宿区霞ヶ丘7番1号)

http://www.innovation-net.jp/event/forum_tokyo20120316.html

※開催前日ですが、参加申し込みを受け付けております。




○大阪ベイエリア 産業立地セミナー/現地見学会 〜関西イノベーション国際戦略
 総合特区指定からはじまる!環境・エネルギー産業の集積に向けた大阪ベイエリ
 アの挑戦〜

  主催  :夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム、大阪市、(財)大阪国際経
       済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
  日時  :平成24年3月23日(金) 14:00〜19:00
  場所  :大阪府咲洲庁舎(大阪府大阪市住之江区南港北1-14-16)ほか

http://www.investosaka.jp/event/2012.html#20120323




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。工場立地相談窓口のホーム
ページでもご案内しています。(http://ritti.jp/
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。




■□■★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□

企業立地関連情報アラカルト


「更正の請求期間の延長」


 平成23年度税制改正により、平成23年12月2日以後に法定申告期限が到来する税
制については、更正の請求ができる期間が5年に延長されました(改正前は1年)。
ただし、下記に該当するものはそれぞれの年数になります。

@贈与税、移転価格税制に係る法人税の更正の請求:6年
A法人税の純損失等の金額に係る法人税の更正の請求:9年

 平成23年12月2日より前に法定申告期限が到来する国税については、更正の請求
の請求期限は従来どおり法定申告期限から1年となります。しかし、平成23年12月
2日より前に法定申告期限が到来する国税であっても、更正の請求の期限を過ぎた
課税期間について、増額更正ができる期間内に「更正の申出書」の提出があれば、
調査によりその内容の検討をして、納めすぎの税金があると認められた場合には、
減額の更正を行うことになります。ただし、申出のとおり更正されない場合であっ
ても、不服申立てすることはできません。


 この更正の請求の期間の延長に併せて、税務署長が増額更正を行うことができる
期間について、所得税・消費税など、改正前に3年とされていたものが5年に延長
されました。
 なお、偽り・不正の行為により税額を免れるなど脱税の場合に税務署長が行う増
額更正の期間は現行のとおり7年となります。


 詳しくは最寄りの税務署におたずねください。




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口活動状況◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 平成24年2月1日から末日までの工場立地相談窓口活動状況です。


  <相談等内容>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 情報提供     │    59   │   37.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業立地促進法  │    9   │    5.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業誘致     │    34   │   21.5%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 用地選定     │    13   │    8.2%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 団地開発     │    11   │    7.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 法律・許認可手続 │    9   │    5.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 優遇措置     │    10   │    6.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    13   │    8.2%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   158   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘



  <相手先割合>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 都道府県     │    13   │    8.2%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 市町村      │    62   │   39.2%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業       │    79   │   50.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 公社・団体等   │    4   │    2.5%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    0   │    0.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   158   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口についてのお知らせ◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 工場立地相談窓口の専門家は、3月15日から4月にあらためて配置されるまでの
間、不在となります。
 3月下旬にご相談等がおありの方は、工場立地相談窓口本部事務局、もしくは各
経済産業局までご連絡ください。
 ご利用の皆様にはしばらくの間、ご不便をお掛けいたしますが、ご理解いただけ
ますようよろしくお願い申し上げます。




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 東日本大震災から1年。この間、被災地の自治体の方、被災をされた企業の方か
らお話をお伺いをする機会が何度もありました。産業団地が仮設住宅となってしま
い、企業移転や企業誘致の用地をどうするのか、従来の場所で工場を再建するのか
移転するのか、どれだけ復旧するまで大変だったのかと多様なお話を伺うことがで
きました。その中には、自然災害が多い日本列島での工場あるいは産業団地のあり
方、自治体、企業のBCPの重要性など多くの示唆に富んでいると思います。今後は、
自治体、企業の方々と話をさせていただく際には、そうした部分もお伝えできれば
と思っています(N)。
                                 ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 このメールマガジンは、昨年度まで企業立地支援センターのメルマガを配信させ
ていただいた皆様、HPでお申し込みいただいた皆様、工場立地相談窓口の職員と名
刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。ご登録いただいたメールアド
レス等の情報はメルマガの配信及び制作以外には使用いたしません。
 ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたしま
す。(登録・解除はHPからもできます。http://ritti.jp/mail_maga/index.html
 
     工場立地相談窓口 本部事務局
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8966  FAX:03-3518-8969

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘