━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃工┃場┃立┃地┃相┃談┃窓┃口┃
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-◆ メールマガジン 第34号  ◆--------------------------2012.08.15 [Wed]
-◇ http://ritti.jp/  ◇------------------------------------------------

 ※等幅フォントでご覧ください。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々には、心からお見舞いを
申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  海外展開のためのF/S支援事業の公募
  平成24年度再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金
  の公募(再掲)
  平成24年度温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業の
  公募(再掲)
  平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)
  平成23年度高効率ガス空調設備導入促進事業費補助金(繰越分)の公募(再掲)
  平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
  (再掲)                     
                                 。oO 
                                。o   
 ○イベント情報                       ┌Η┐┐  
 ○企業立地関連情報アラカルト              ┌─┌┌┌┌┌┐
 ○工場立地相談窓口活動状況             ∩∩│‥ ‥ ‥ │
                          ∩∩∩    ∩∩∩∩
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○海外展開のためのF/S支援事業の公募

 アジアマーケットの拡大や急激な円高によるコストダウンの要請、市場での価格
競争の激化等、中小企業の経営環境はより厳しさを増しています。グローバル化の
進展のなか、海外の成長マーケットでの市場開拓は大きなビジネスチャンスです。
 中小機構では円高対策事業の一環として、海外展開を計画する中小企業者の皆様
に必要なF/S(フィージビリティ・スタディ)を支援する事業を実施します。


 募集期間:平成24年8月9日(木)〜8月27日(月)(必着)まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/news/065503.html




○平成24年度再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金の
 公募(再掲)

 一般社団法人太陽光発電協会では、平成23年度第三次補正予算にて計上された
「再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金」の補助事業
者として、JPEA復興センターを開設し、その募集を行います。
 本事業では、被災地における民間事業者や地方自治体等による太陽光発電、風力
発電等の再生可能エネルギー発電設備の導入、それに付帯する蓄電池や送電線の導
入に対する補助を実施する為、基金を活用し本事業を円滑に行うことで、被災地で
の再生可能エネルギーの抜本的な導入拡大を進め、失われた雇用の復活や関連産業
の集積を図ると共に、内外の経済的社会的環境に応じた安定的且つ適切なエネルギ
ー需給構造の構築を図ります。


 応募受付期間:平成24年7月23日(月)〜8月28日(火)17:00(必着)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.jprec.jp/subsidy/




○平成24年度温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業の公募
 (再掲)

 一般社団法人低炭素投資促進機構では、これから低炭素型設備を導入する中小企
業者の方々に対し、当該設備の導入・稼働によるCO2の排出削減見込量に応じた助
成金を支給します。


 応募受付期間:平成24年6月20日(水)〜8月31日(金)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://teitanso.force.com/green/toppage




○平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)

 本事業は、家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策を目的として、一
定の基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅広い
分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の3%を補助する補助金
制度です。(平成24年度予算額:18億円)
 なお、平成23年11月1日より東北三県(岩手県、宮城県、福島県)における補助
率が10%に引き上げられています。
 また、平成24年6月25日から、節電効果が特に高い製品群については補助率が3
%から5%に引き上げられています。


 公募期間:平成24年4月9日〜平成25年3月1日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/




○平成23年度高効率ガス空調設備導入促進事業費補助金(繰越分)の公募(再掲)

 本事業は、経年した電気の空調設備等から高効率ガス空調設備への設備更新また
は新設等に要する経費の一部を助成する事業を実施することにより、東日本大震災
による電力需給の制約から早期に脱却するため、今後の電力需要面での対策として、
省電力に資する高効率のガス空調設備の導入を促進することを目的とするものです。
 一般社団法人都市ガス振興センターは、高効率ガス空調設備を設置しようとする
事業者に対し、その実施に要する経費の一部を補助します。(平成23年度3次補正
補助金(繰越分)予算額:約46億円)


 補助対象範囲:高効率ガス空調設備導入促進事業に係る設計費、設備費、工事費

 補助率:1/8以内

 補助金上限額:無し

 公募期間:平成24年4月2日(月)〜11月15日(木)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://gasproc.or.jp/kuchou/index_2012.html




○平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
 (再掲)

 本事業は、電力需給対策の一環として、一般家庭及び事業所等で定置用リチウム
イオン蓄電池の導入に際し、設置する機器及び付帯設備費用を補助し、電力使用の
合理化の取り組みを促進することを目的とするものです。
 一般社団法人環境共創イニシアチブでは、指定する蓄電システムの導入を行う一
般家庭や事業所等に対して、導入のための経費(蓄電システム費用、工事費用の一
部)を予算の範囲内で補助します。


 補助率:定率(1/3)

 補助上限額:法人の場合 1億円

 公募期間:平成24年3月30日〜平成26年1月末日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://sii.or.jp/lithium_ion/?archives=7




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○産業立地・再投資促進セミナー 開催のご案内

  主催  :愛知・名古屋産業立地プロモーション事業実行委員会
  日時  :平成24年8月23日(木) 14:30〜16:30
  場所  :ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階・大会議室1002
       (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

http://www.saitoushi.jp




○宇都宮企業立地セミナー2012inとうきょう 開催のご案内

  主催  :宇都宮市
  日時  :平成24年9月4日(火) 13:00〜16:00
  場所  :KKRホテル東京 10階 瑞宝
       (東京都千代田区大手町1-4-1)

http://business.ur-net.go.jp/utsunomiya_seminar2012/index.html




○愛知・名古屋産業交流展in東京2012 開催のご案内

  主催  :愛知・名古屋産業立地プロモーション事業実行委員会
  日時  :平成24年11月14日(水)〜16日(金) 10:00〜17:00
  場所  :東京ビッグサイト 西展示棟アトリウム
       (東京都江東区有明3−11−1)

http://www.pref.aichi.jp/0000052025.html




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。工場立地相談窓口のホーム
ページでもご案内しています。(http://ritti.jp/
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。




■□■★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□

企業立地関連情報アラカルト


「復興特別法人税」


 東日本大震災の復興財源を確保するために、平成24年4月1日から平成27年3月
31日までの間に開始する事業年度には、各課税事業年度の基準法人税額に10%の税
率で「復興特別法人税」が課されます。
 基準法人税額は、各事業年度の所得に対する法人税の額です。ただし、特定同族
会社の留保金課税、土地譲渡益追加課税、所得税額控除、外国税額控除及び仮装経
理に基づく過大申告の場合の更正に伴う法人税額の控除を適用しない場合の法人税
額とし、附帯税の額を除きます。
 なお、所得税についても別途、復興特別所得税が課されます。課税期間は、平成
25年から平成49年で、基準所得税額に2.1%の税率を乗じた金額になります。


 詳細は、お近くの税務署にご確認下さい。




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口活動状況◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 平成24年7月1日から末日までの工場立地相談窓口活動状況です。


  <相談等内容>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 情報提供     │    48   │   41.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業立地促進法  │    14   │   12.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業誘致     │    27   │   23.1%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 用地選定     │    8   │    6.8%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 団地開発     │    3   │    2.6%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 法律・許認可手続 │    13   │   11.1%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 優遇措置     │    1   │    0.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    3   │    2.6%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   117   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘



  <相手先割合>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 都道府県     │    11   │    9.4%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 市町村      │    35   │   29.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 公社・団体等   │    3   │    2.6%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業       │    67   │   57.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    1   │    0.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   117   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘






■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 ロンドンオリンピックが終わりました。日本は、金メダルの数こそ少なかったで
すが、史上最高の数のメダルを獲得しました。これは、日本のスポーツの裾野がそ
れだけ広がっているということで、特に今回は日本として競技史上初のメダル獲得
が多かったこともその現れでしょう。昔は男子の場合、クラスで一番運動ができる
子は野球と相場が決まっていましたから、その子の適性に合わせて多種多様な競技
に向かうというのはいいことです。ところで、産業分野はスポーツの分野に比べる
とまだまだ業種の多様化が進んでいないようです。産業構造ビジョンでも指摘され
ているように、依然として自動車など輸送用機械頼みです。自治体の方からも誘致
すべき業種はと尋ねられることが多いのですが、これと言ってお薦めできないのが
実状です。このあたりが、現在日本の閉塞感を払拭できない背景なのかも知れませ
ん(N)。
                                 ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 このメールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、工場立地相談窓口の職
員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。ご登録いただいたメー
ルアドレス等の情報はメルマガの配信及び制作以外には使用いたしません。
 ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたしま
す。(登録・解除はHPからもできます。http://ritti.jp/mail_maga/index.html
 
     工場立地相談窓口 本部事務局
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8966  FAX:03-3518-8969

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘