━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃工┃場┃立┃地┃相┃談┃窓┃口┃
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-◆ メールマガジン 第36号  ◆--------------------------2012.09.18 [Tue]
-◇ http://ritti.jp/  ◇------------------------------------------------

 ※等幅フォントでご覧ください。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々には、心からお見舞いを
申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  平成24年度「革新的低炭素技術集約産業国内立地推進事業」の公募結果
  平成24年度「成長産業・企業立地促進等施設整備費補助金」および平成24年度
  「電源地域産業関連施設等整備費補助金」に係る交付先の採択結果
  平成24年度「原子力災害周辺地域産業復興企業立地補助金」の公募結果
  平成24年度「アジア拠点化立地推進事業」の公募(再掲)
  平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)
  平成23年度高効率ガス空調設備導入促進事業費補助金(繰越分)の公募(再掲)
  平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
  (再掲)                           。oO 
                                。o   
 ○イベント情報                       ┌Η┐┐  
 ○企業立地関連情報アラカルト              ┌─┌┌┌┌┌┐
 ○工場立地相談窓口活動状況             ∩∩│‥ ‥ ‥ │
                          ∩∩∩    ∩∩∩∩
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○平成24年度「革新的低炭素技術集約産業国内立地推進事業」の公募結果

 経済産業省では、6月1日〜7月31日の期間で行っていた平成24年度「革新的低
炭素技術集約産業国内立地推進事業」について、32件を採択しています。


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/data/c120912aj.html




○平成24年度「成長産業・企業立地促進等施設整備費補助金」および平成24年度
「電源地域産業関連施設等整備費補助金」に係る交付先の採択結果

 経済産業省では、5月28日から6月22日の期間で公募を行っていた平成24年度
「成長産業・企業立地促進等施設整備費補助金」および平成24年度「電源地域産業
関連施設等整備費補助金」の交付先について、以下のとおり14件を採択しています。

1.成長産業・企業立地促進等施設整備費補助金:7件
2.電源地域産業関連施設等整備費補助金:7件


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/data/c120907cj.html

http://www.meti.go.jp/information/data/c120907bj.html




○平成24年度「原子力災害周辺地域産業復興企業立地補助金」の公募結果

 経済産業省では、6月4日〜7月25日の期間で行っていた平成24年度「原子力災
害周辺地域産業復興企業立地補助金」について、以下のとおり採択しています。

 応募件数:75件 採択件数:43件 補助金総額:約79億円


なお、今後、二次公募を行う予定です。(実施時期は未定)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/data/c120904aj.html




○平成24年度「アジア拠点化立地推進事業」の公募(再掲)

 経済産業省では、日本経済に与える影響が特に大きいと認められる国際的に広く
事業展開を行うグローバル企業による統括拠点又は研究開発拠点などの高付加価値
拠点の国内立地を支援し、戦略的かつ積極的に日本の強みに適合した高付加価値機
能の呼び込み・集積を促進することで、日本国内における高付加価値拠点を維持・
強化し、我が国経済の持続的成長を図ることを目的として、日本国内に統括拠点又
は研究開発拠点の整備事業を行うグローバル企業に対し、事業費の一部に対する補
助を行います。ただし、国内に既にある拠点の移転・集約は対象外となります。

※ なお、本補助金と関連する施策であるアジア拠点化推進法(平成24年8月3日
公布)が、今国会で成立し、今後、施行される予定です。同法は、グローバル企業
の研究開発拠点や統括拠点の我が国への呼び込みを推進するため、認定を受けたグ
ローバル企業に対し、法人税負担軽減等の措置を講ずるもので、認定要件を満たす
場合は、本補助制度との併用が可能です。


 公募の公示:平成24年8月28日(火)〜平成24年11月19日(月)正午
 応募の受付:平成24年11月5日(月)〜平成24年11月19日(月)正午


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/data/c120828aj.html




○平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)

 本事業は、家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策を目的として、一
定の基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅広い
分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の3%を補助する補助金
制度です。(平成24年度予算額:18億円)
 なお、平成23年11月1日より東北三県(岩手県、宮城県、福島県)における補助
率が10%に引き上げられています。
 また、平成24年6月25日から、節電効果が特に高い製品群については補助率が3
%から5%に引き上げられています。


 公募期間:平成24年4月9日〜平成25年3月1日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/




○平成23年度高効率ガス空調設備導入促進事業費補助金(繰越分)の公募(再掲)

 本事業は、経年した電気の空調設備等から高効率ガス空調設備への設備更新また
は新設等に要する経費の一部を助成する事業を実施することにより、東日本大震災
による電力需給の制約から早期に脱却するため、今後の電力需要面での対策として、
省電力に資する高効率のガス空調設備の導入を促進することを目的とするものです。
 一般社団法人都市ガス振興センターは、高効率ガス空調設備を設置しようとする
事業者に対し、その実施に要する経費の一部を補助します。(平成23年度3次補正
補助金(繰越分)予算額:約46億円)


 補助対象範囲:高効率ガス空調設備導入促進事業に係る設計費、設備費、工事費

 補助率:1/8以内

 補助金上限額:無し

 公募期間:平成24年4月2日(月)〜11月15日(木)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://gasproc.or.jp/kuchou/index_2012.html




○平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
 (再掲)

 本事業は、電力需給対策の一環として、一般家庭及び事業所等で定置用リチウム
イオン蓄電池の導入に際し、設置する機器及び付帯設備費用を補助し、電力使用の
合理化の取り組みを促進することを目的とするものです。
 一般社団法人環境共創イニシアチブでは、指定する蓄電システムの導入を行う一
般家庭や事業所等に対して、導入のための経費(蓄電システム費用、工事費用の一
部)を予算の範囲内で補助します。


 補助率:定率(1/3)

 補助上限額:法人の場合 1億円

 公募期間:平成24年3月30日〜平成26年1月末日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://sii.or.jp/lithium_ion/?archives=7




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○あきたリッチセミナー in TOKYO 開催のご案内

  主催  :秋田県企業誘致推進協議会
  日時  :平成24年10月9日(火) 15:00〜19:30
  場所  :フォーシーズンズホテル椿山荘 東京1階 ボールルーム
       (東京都文京区関口2-10-8)

http://common.pref.akita.lg.jp/kigyo-rich/news/index.html?article_id=408




○千葉県企業誘致セミナー2012 開催のご案内

  主催  :千葉県/千葉県企業等誘致推進本部

【東京開催】
  日時  :平成24年10月10日(水) 14:00〜17:00
  場所  :ホテルグランドパレス 4F ゴールデンルーム
      (東京都千代田区飯田橋1-1-1)

【大阪開催】
  日時  :平成24年10月31日(水) 13:15〜16:00
  場所  :梅田スカイビル スペース36L(大阪府大阪市北区大淀中1-1)

http://www.chiba-yuchi.jp/




○インダストリアルセミナーやまがた2012 in 名古屋 開催のご案内

  主催  :山形県
  日時  :平成24年10月11日(木) 16:00〜18:45
  場所  :名古屋東急ホテル 錦の間(3階)
       (愛知県名古屋市中区栄4丁目6番8号)

http://www.pref.yamagata.jp/sr/quest/news/kako-news_h24.html#23




○第8回「九州大学学術研究都市セミナーin東京」開催のご案内

  主催  :財団法人九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)
  日時  :平成24年10月12日(金) 13:30〜18:30
  場所  :品川プリンスホテル メインタワー28階 「エメラルド」
       (東京都港区高輪4-10-30)

http://www.opack.jp/event/?type=eventdetail&id=135




○大阪産業立地セミナー「WHY OSAKA?〜関西イノベーション国際戦略総合特区で
 勢いづく大阪〜」開催のご案内

  主催  :大阪市、財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
  日時  :平成24年10月18日(木) 14:00〜18:30
  場所  :第一ホテル東京(東京都港区新橋1-2-6)

http://www.investosaka.jp/event/2012.html#20121018




○チャレンジ山梨!企業立地セミナー&企業PRマッチングフェア 開催のご案内

  主催  :山梨県、山梨県地域産業活性化協議会、
       (公財)やまなし産業支援機構
  日時  :平成24年10月25日(木) 13:30〜18:15
  場所  :京王プラザホテル八王子(東京都八王子市旭町14-1)

http://www.yiso.or.jp/topics/162.html




○神奈川県地域産業プロジェクト現地案内会 開催のご案内

  主催  :神奈川県企業誘致促進協議会

Aコース
(三崎漁港(二町谷地区)水産物流通加工業務団地、横須賀リサーチパーク)
  日時  :平成24年10月30日(火) 12:30〜17:00
 集合場所 :天理ビル前(横浜駅西口)(横浜市西区北幸1-4-1)

Bコース
(山北産業プロジェクト、西湘テクノパーク、平塚市五領ヶ台研究・研修パーク)
  日時  :平成23年11月1日(木) 09:00〜17:00
 集合場所 :天理ビル前(横浜駅西口)(横浜市西区北幸1-4-1)

http://www.k-yuchi.jp/genchi/genchi2012.html




○愛知・名古屋産業交流展in東京2012 開催のご案内

  主催  :愛知・名古屋産業立地プロモーション事業実行委員会
  日時  :平成24年11月14日(水)〜16日(金) 10:00〜17:00
  場所  :東京ビッグサイト 西展示棟アトリウム
       (東京都江東区有明3−11−1)

http://www.pref.aichi.jp/0000052025.html




○平成24年度 厚木市企業立地フォーラム 開催のご案内

  主催  :厚木市
  日時  :平成24年11月20日(火) 15:30〜18:45
  場所  :三菱ビルコンファレンススクエアエムプラス 10F
      (東京都千代田区丸の内2-5-2)

http://sp.nikkan.co.jp/atsugi/




○おやべ・ひみ・たかおかビジネス交流交歓会in東京 開催のご案内

  主催  :「おやべ・ひみ・たかおかビジネス交流交歓会」実行委員会
  日時  :平成24年11月29日(木) 16:00〜19:30
  場所  :東京プリンスホテル(東京都港区芝公園3-3-1)

http://www.city.takaoka.toyama.jp/sangyo/0401/kogyo/othbisinesukouryuu/121129kouryuukai.htm




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。工場立地相談窓口のホーム
ページでもご案内しています。(http://ritti.jp/
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。




-------------------------------------------------
明治大学「地域産学連携研究センター」
レンタルラボ入居者、試験分析・試作加工装置利用者募集のお知らせ
-------------------------------------------------

 明治大学地域産学連携研究センターでは、レンタルラボ入居者、試験分析・試作
加工装置の利用者を募集しています。ベンチャービジネス・新規事業の立ち上げ、
大学との共同研究の拠点としてご活用ください。

◆テクノロジー・インキュベーション室;企業化を目指した研究開発の場所⇒10室
◆新事業・新技術の創設に役立つ試験分析・試作加工装置  ⇒ 8機種
(集束イオンビーム付走査型電子顕微鏡など)

◆小田急線「生田駅」から徒歩7分(明治大学生田<理工・農学部>キャンパス隣接)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meiji.ac.jp/cii/index.html




■□■★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□

企業立地関連情報アラカルト


「資産除去債務」


 上場会社及び上場に準ずる法定会計監査受審組織は、2010年4月1日以降の事業
年度から有形固定資産の除去を契機として生じる法・条例・契約の義務により発生
するであろう費用を負債として計上する必要があります。
 除去とは、売却、廃棄、リサイクルその他の方法による処分等を指しており、転
用や用途変更は含まれません。また、当該有形固定資産が遊休状態になる場合は除
去には該当しません。したがって、使用時の修繕や自主的に実施する土壌汚染等の
環境対策費用は資産除去債務ではありません。また、操業中の事故ように、通常の
使用ではないことが原因である土壌汚染なども資産除去債務に該当しません。


 具体的な資産除去債務としては、以下のようなものがあります。
@法・条例・契約上の義務がある場合の土壌汚染調査費用
 ・途上汚染対策法により規定される調査の費用
 ・条例により規定される調査の費用
 ・借地や原状回復義務に係る土壌汚染対策費用
APCB特別措置法によるPCB廃棄物の処理費用
B石綿障害予防規則によるアスベスト廃棄物の処理費用
C改正フロン回収破壊法によるフロン回収費用
D消防庁通知表によるハロン回収
Eダイオキシン類対策特別措置法による解体時の養生、廃棄物処理費用
                                  など

 資産除去債務は、それが発生した時に、有形固定資産の除去に要する割引前の将
来支出(キャッシュ・フロー)をあらかじめ見積もり、その割引現在価値を負債と
して計上するとともに有形固定資産の取得原価に算入し、資産の耐用年数にわたっ
て費用処理します。

 なお、資産除去債務は、現段階では中小企業には義務化されておらず、任意適用
となっています。


 詳細につきましては、お近くの税務署にお尋ね下さい。



┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口活動状況◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 平成24年8月1日から末日までの工場立地相談窓口活動状況です。


  <相談等内容>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 情報提供     │    43   │   41.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業立地促進法  │    6   │    5.8%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業誘致     │    20   │   19.4%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 用地選定     │    6   │    5.8%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 団地開発     │    10   │    9.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 法律・許認可手続 │    12   │   11.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 優遇措置     │    2   │    1.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    4   │    3.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   103   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘



  <相手先割合>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 都道府県     │    5   │    4.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 市町村      │    36   │   35.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 公社・団体等   │    5   │    4.9%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業       │    56   │   54.4%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    1   │    1.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │   103   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 オリンピックの後を受けて、ロンドンで繰り広げられていたパラリンピック。第
2次世界大戦中の1948年にイギリスで障害者のリハビリにスポーツを取り入れるた
めに車いすの競技会を行ったことが起こりだそうです。現在の競技レベルは、もう
リハビリどころか、障害者であるけれどもアスリート同士の真剣勝負です。残され
た機能を最大限に高めたパフォーマンスを見るにつけ、人間が持つ能力の底深さに
ただただ驚くばかりです。最近、わが国でも製造業等の現場で障害者が持つ能力の
高さに着目した事業展開をされている企業も増えてきたとのことです。少子高齢化
で労働力の減少が危惧されていますが、パラリンピックでの日本選手の活躍を見る
と実は日本社会にはまだまだ気づいていない潜在能力があるのではと思う次第です
(藤)。
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 このメールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、工場立地相談窓口の職
員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。ご登録いただいたメー
ルアドレス等の情報はメルマガの配信及び制作以外には使用いたしません。
 ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたしま
す。(登録・解除はHPからもできます。http://ritti.jp/mail_maga/index.html
 
     工場立地相談窓口 本部事務局
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8966  FAX:03-3518-8969

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘