━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃工┃場┃立┃地┃相┃談┃窓┃口┃
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-◆ メールマガジン 第41号  ◆--------------------------2012.12.03 [Mon]
-◇ http://ritti.jp/  ◇------------------------------------------------

 ※等幅フォントでご覧ください。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々には、心からお見舞いを
申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  平成24年度新事業活動促進支援補助金(地域資源活用売れる商品づくり支援事業)
  の2次公募
  平成24年度新事業活動促進支援補助金(農商工等連携対策支援事業)の2次公募
  平成24年度新事業活動促進支援補助金(新連携支援事業)の2次公募
  平成24年度「高度実践型支援人材育成事業費補助金」の2次公募
  「原子力災害周辺地域産業復興企業立地補助事業」の二次公募(再掲)
  平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)
  平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
  (再掲)                           。oO 
                                。o   
 ○イベント情報                       ┌Η┐┐  
 ○企業立地関連情報アラカルト              ┌─┌┌┌┌┌┐
 ○工場立地相談窓口紹介               ∩∩│‥ ‥ ‥ │
                          ∩∩∩    ∩∩∩∩
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○平成24年度新事業活動促進支援補助金(地域資源活用売れる商品づくり支援事業)
 の2次公募

 本事業では、地域の優れた資源(農林水産物又は鉱工業品、鉱工業品の生産に係
る技術、観光資源)を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に取り組む中
小企業者に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発(試
作、研究開発、評価等を含む)、展示会等の開催又は展示会等への出展、知的財産
に係る調査等の事業に係る経費の一部を補助します。


 公募期間:平成24年11月27日(火)〜12月11日(火)17:00まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/2012/1127ChiikiShigenKoubo.htm




○平成24年度新事業活動促進支援補助金(農商工等連携対策支援事業)の2次公募

 本事業では、中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源
を有効に活用して行う新商品・新役務の開発、需要の開拓等を行う事業に係る経費
の一部を補助します。


 公募期間:平成24年11月27日(火)〜12月11日(火)17:00まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/noushoko/2012/1127NoushokouKoubo.htm




○平成24年度新事業活動促進支援補助金(新連携支援事業)の2次公募

 本事業では、中小企業新事業活動促進法に基づく「異分野連携新事業分野開拓計
画」の認定を受けた代表者が、当該計画に従って行う事業の市場化に必要な取り組
みを支援します。具体的には、複数の中小企業が連携して行う新事業に必要な新商
品開発(製品・サービス)に係る実験、試作、マーケティング調査等に係る経費の
一部を補助します。


 公募期間:平成24年11月27日(火)〜12月11日(火)17:00まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/2012/1127ShinrenkeiKoubo.htm




○平成24年度「高度実践型支援人材育成事業費補助金」の2次公募

 本事業では、経営支援に優れた実績や専門的知識等を有する者が、中小企業者に
対して経営支援を行う者等に対して、実践的な経営支援に関する研修事業を行う場
合に、その研修に要する経費の一部を補助します。


 公募期間:平成24年11月28日(水)〜12月18日(火)17:00まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/2012/1128KoudoIkusei.htm




○「原子力災害周辺地域産業復興企業立地補助事業」の二次公募 (再掲)

 本事業は、原子力災害で著しく企業立地の魅力を減じた地域(茨城県・栃木県・
宮城県)に用地を取得し、工場等を新増設する事業者に対し、用地取得経費から量
産設備の敷設までの企業立地に係る経費を幅広く支援することにより、企業の立地
を円滑に進め、雇用を維持・創出することを目的とするものです。


 公募期間:平成24年10月15日(月)〜平成25年1月15日(火)正午まで


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/data/c121015aj.html




○平成24年度家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金の公募(再掲)

 本事業は、家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策を目的として、一
定の基準を満たす、再生可能エネルギー設備や産業用機械、業務用設備等の幅広い
分野の低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の3%を補助する補助金
制度です。(平成24年度予算額:18億円)
 なお、平成23年11月1日より東北三県(岩手県、宮城県、福島県)における補助
率が10%に引き上げられています。
 また、平成24年6月25日から、節電効果が特に高い製品群については補助率が3
%から5%に引き上げられています。


 公募期間:平成24年4月9日〜平成25年3月1日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/




○平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
 (再掲)

 本事業は、電力需給対策の一環として、一般家庭及び事業所等で定置用リチウム
イオン蓄電池の導入に際し、設置する機器及び付帯設備費用を補助し、電力使用の
合理化の取り組みを促進することを目的とするものです。
 一般社団法人環境共創イニシアチブでは、指定する蓄電システムの導入を行う一
般家庭や事業所等に対して、導入のための経費(蓄電システム費用、工事費用の一
部)を予算の範囲内で補助します。


 補助率:定率(1/3)

 補助上限額:法人の場合 1億円

 公募期間:平成24年3月30日〜平成26年1月末日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://sii.or.jp/lithium_ion/?archives=7




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○全国の産業用地情報を無料でご提供します〜「産業用地相談会」開催のご案内

  主催 :財団法人日本立地センター


【東京会場】
  日時  :平成24年12月5日(水)〜6日(木) 10:00〜17:00
  場所  :財団法人日本立地センター 会議室
      (東京都千代田区神田駿河台1-8-11)

http://www.jilc.or.jp/training/2012/soudankai.html




○徳島ビジネスフォーラムin東京 開催のご案内

  主催  :徳島県、(公財)とくしま産業振興機構
  日時  :平成24年12月18日(火) 13:30〜16:50
  場所  :ホテル日航東京 1階 ペガサスC
       (東京都港区台場1-9-1)

http://www.tokushima-bf.com/




○神奈川県工業系特定保留区域現地案内会 開催のご案内

  主催  :神奈川県

Aコース(当麻地区[相模原市]、ツインシティ大神[平塚市]、田端西地区[寒川町]、
      下古沢上古沢地区[厚木市])
  日時  :平成24年12月18日(火) 09:00〜18:00
 集合場所 :天理ビル前(横浜駅西口)(横浜市西区北幸1-4-1)

Bコース(吉岡西部地区・深谷落合地区[綾瀬市]、萩園字上ノ前地区[茅ヶ崎市]、
      鬼柳桑原地区・西湘テクノパーク[小田原市])
  日時  :平成23年12月19日(水) 09:00〜18:00
 集合場所 :天理ビル前(横浜駅西口)(横浜市西区北幸1-4-1)

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/500734.pdf




○ファルマバレープロジェクト成果発表会2012 開催のご案内

  主催  :静岡県
  日時  :平成24年12月19日(水) 13:30〜19:00
  場所  :ルポール麹町 2階 ロイヤルクリスタル
       (東京都千代田区平河町2-4-3)

http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-580/pharma/seikahappyoukai2012.html




○新城市企業誘致説明会 開催のご案内

  主催  :新城市
  日時  :平成25年1月25日(金) 11:00〜14:00
  場所  :オークラアクトシティホテル浜松 3階 チェルシー
       (静岡県浜松市中区板屋町111-2)

http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/9,29826,146,745,html




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。工場立地相談窓口のホーム
ページでもご案内しています。(http://ritti.jp/
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。




-------------------------------------------------
明治大学「地域産学連携研究センター」
レンタルラボ入居者、試験分析・試作加工装置利用者募集のお知らせ
-------------------------------------------------

 明治大学地域産学連携研究センターでは、レンタルラボ入居者、試験分析・試作
加工装置の利用者を募集しています。ベンチャービジネス・新規事業の立ち上げ、
大学との共同研究の拠点としてご活用ください。

◆テクノロジー・インキュベーション室;企業化を目指した研究開発の場所⇒10室
◆新事業・新技術の創設に役立つ試験分析・試作加工装置  ⇒ 8機種
(集束イオンビーム付走査型電子顕微鏡など)

◆小田急線「生田駅」から徒歩7分(明治大学生田<理工・農学部>キャンパス隣接)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meiji.ac.jp/cii/index.html




■□■★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□

企業立地関連情報アラカルト


「均衡待遇・正社員化推進奨励金」


 パートタイム労働者や有期契約労働者の雇用管理の改善を図るため、正社員への
転換制度や正社員と共通の処遇制度などを設け、実際に制度を適用した事業主に対
して支給する奨励金です。

@ 正社員転換制度
 パートタイム労働者・有期契約労働者から正社員へ転換する試験制度(面接試験
や筆記試験など試験の内容が明示されていること、人事評価による選考や推薦など
公平な選考過程が設けられていること、正社員転換時期や転換試験実施時期が明確
にされていることが必要)を設け、実際に転換者が出た場合に、対象労働者10人目
まで支給します。

   ┌────────────────┬──────┬──────┐
   │  支給対象           │ 中小企業 │  大企業  │
   ├────────────────┼──────┼──────┤
   │制度導入分(対象労働者1人目) │  40万円  │  30万円  │
   ├────────────────┼──────┼──────┤
   │転換促進(対象労働者2〜10人目)│  20万円  │  15万円  │
   └────────────────┴──────┴──────┘
 *転換促進については、母子家庭の母の場合は中小企業30万円(大企業25万円)



A 共通処遇制度
 パートタイム労働者・有期契約労働者に対して正社員と共通の処遇制度を導入し、
実際に適用した場合に支給します。

   ┌──────┬──────┐
   │ 中小企業 │  大企業  │
   ├──────┼──────┤
   │  60万円  │  50万円  │
   └──────┴──────┘


<共通処遇制度>
 労働者の職務または職能に応じた区分を設け、その区分に応じた基本給、賞与な
どの待遇が定められている制度で、以下の全てに該当することが必要です。

 ・職務または職能に対応した格付け区分を3区分以上設けていること
 ・上記の区分が正社員の処遇制度の区分と2区分以上同じであること
 ・同一区分における、正社員とパートタイム労働者・有期契約労働者の待遇の均
  衡が図られており、基本給、賞与、役付手当、精勤手当など職務の内容に密接
  に関連して支払われる賃金の時間当たりの額が正社員と同等であること



B 共通教育訓練制度
 パートタイム労働者・有期契約労働者に対して、正社員と共通のカリキュラム内
容と時間による教育訓練制度を設け、中小企業は延べ10人、大企業は延べ30人に実
施、修了させた場合に支給します。

   ┌──────┬──────┐
   │ 中小企業 │  大企業  │
   ├──────┼──────┤
   │  40万円  │  30万円  │
   └──────┴──────┘


<奨励金の対象となる共通教育訓練制度>
以下の全てに該当することが必要です。
a.パートタイム労働者・有期契約労働者の職務に必要な能力を付与したり、キャリ
 ア形成を図るため、正社員と共通のカリキュラム内容と時間などで実施するもの
 であり、次のいずれにもに該当しないものです。

 ・初任者研修や接遇研修など基礎的な知識、能力を付与するためのもの
 ・指導員、講師などによる講義等が全く含まれないもの
 ・パートタイム労働法等の労働関係法令により実施が義務づけられているもの

b.生産ラインまたは就労の場における通常の業務とは別に行われる教育訓練(Off-
 JT)であり、その時間の賃金の他、受講料、交通費などの諸経費を全額事業主が
 負担するものであること

c.教育訓練は1人につき6時間以上(休憩時間、移動時間等は除く)であること



C 短時間正社員制度
 短時間正社員制度を設け、実際に利用者が出た場合に、対象労働者10人目まで
支給します。

   ┌────────────────┬──────┬──────┐
   │  支給対象           │ 中小企業 │  大企業  │
   ├────────────────┼──────┼──────┤
   │制度導入分(対象労働者1人目) │  40万円  │  30万円  │
   ├────────────────┼──────┼──────┤
   │転換促進(対象労働者2〜10人目)│  20万円  │  15万円  │
   └────────────────┴──────┴──────┘
 *転換促進については、母子家庭の母の場合は中小企業30万円(大企業25万円)


<短時間正社員>
 所定労働時間が短いながら、正社員として適正な評価と公正な待遇が図られた働
き方で、次のどちらにも該当する労働者をいいます。

 ・期間の定めのない労働契約を締結していること
 ・時間当たりの基本給、賞与・退職金などの算定方法等が同一事業所に雇用され
  る同種のフルタイム正社員と同等であること



D 健康診断制度
 パートタイム労働者・有期契約労働者に対する健康診断制度を導入し、実際に延
べ4人以上に実施した事業主に支給します。


<奨励金の対象となる健康診断制度>
以下の条件に該当することが必要です。

a.以下のいずれかの制度を導入すること
 ・雇入時健康診断
 ・定期健康診断
 ・人間ドック
 ・生活習慣病予防検診

b.健康診断の経費について、雇入時健康診断と定期健康診断については全額、人間
ドックと生活習慣病予防検診については半額以上を事業主が負担すること


 奨励金の詳細や支給申請については、都道府県労働局雇用均等室へお問い合わせ
ください。




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口紹介「四国ブロック」◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 工場立地相談窓口 四国ブロックは、高松サンポート合同庁舎にある四国経済産
業局に設置されています。
 常駐する葉山マネージャーは、開発に伴う際の土地調整、法・税・財務等の問題
解決に従事した豊富な経験を有しています。
 想定されている東南海・南海地震によるリスクを減じようと、四国ブロックでは、
域内移転や域外への新たな事業所の設置などの動きが見られます。少しでも円滑な
立地をサポートさせていただきたいと思っておりますので、お気軽にご相談くださ
い。

工場立地相談窓口 四国ブロックの地図は、以下をご覧ください。

http://www.ritti.jp/address/index.html




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 毎年10月、11月は、自治体主催の企業誘致セミナーが多く開催されています。ど
のセミナーも基調講演と首長みずから立地環境のプレゼン、そして懇談会といった
内容で、200人を超える参加者がいることもあります。ただし、こうしたセミナー
の開催がにわかに企業立地の実現に結びつくことは希有なことであるため、セミナ
ー開催予算の獲得に苦労されている自治体も少なくないようです。確かにセミナー
の費用対効果をどう見るかは難しいのですが、複数の既立地企業の本社の幹部が自
治体の長と接する場であること、首長みずからが直接事業者にプレゼンテーション
をすること、そしてセミナー開催による自治体のパブリシティーの向上といったメ
リットは、過小評価してはいけないと思います。セミナー開催を裏方で支えている
自治体職員の方の姿を見るに付け、何とか少しでも立地の実現にお手伝いができれ
ばと思うばかりです(N)。
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 このメールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、工場立地相談窓口の職
員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。ご登録いただいたメー
ルアドレス等の情報はメルマガの配信及び制作以外には使用いたしません。
 ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたしま
す。(登録・解除はHPからもできます。http://ritti.jp/mail_maga/index.html
 
     工場立地相談窓口 本部事務局
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8966  FAX:03-3518-8969

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘