━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃工┃場┃立┃地┃相┃談┃窓┃口┃
┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-◆ メールマガジン 第48号  ◆--------------------------2013.03.15 [Fri]
-◇ http://ritti.jp/  ◇------------------------------------------------

 ※等幅フォントでご覧ください。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の方々には、心からお見舞いを
申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。



C┃O┃N┃T┃E┃N┃T┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○TOPICS
  平成25年度「成長産業・企業立地促進等事業費補助金」の交付先の公募
  「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金」の公
  募
  構造改革特区・地域再生の提案募集及び事前相談
  PPP(官民連携)/PFI推進のための案件募集
  経済対策の概要を紹介する説明会の開催
  海外展開のためのF/S支援事業の公募
  平成24年度「次世代型熱利用設備導入緊急対策事業」に関する補助事業の公募
  (再掲)
  平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
  (再掲)                           。oO 
                                。o   
 ○イベント情報                       ┌Η┐┐  
 ○企業立地関連情報アラカルト              ┌─┌┌┌┌┌┐
 ○工場立地相談窓口活動状況             ∩∩│‥ ‥ ‥ │
 ○工場立地相談窓口についてのお知らせ       ∩∩∩    ∩∩∩∩
                           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃O┃P┃I┃C┃S┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○平成25年度「成長産業・企業立地促進等事業費補助金」の交付先の公募

 本事業は、企業立地促進法に基づき、今後の日本の競争力強化につながる成長分
野において、地方公共団体を始めとした地域が、主体的かつ計画的に行う新増設に
つながる企業立地の促進や新たな雇用創出等が期待される地域産業集積の形成及び
活性化のための取組を支援するものです。
 今回、平成25年度に本事業を実施する事業者を下記のとおり公募します。
 なお、平成25年度予算の国会での成立を前提としています。

 対象は、地方公共団体等とともに地域産業活性化協議会を構成する若しくは地域
産業活性化協議会の総意によって事業の管理・運営等を責任を持って実施すること
が可能であると認められた民間事業者が、地方公共団体等と協働して行う以下の事
業です。


(1) 成長産業人材養成等支援事業
 国の同意を受けた広域基本計画を推進するために、誘致等対象産業のニーズを踏
まえ、企業立地又は事業高度化につながる地域の高度な人材養成やセミナー等を行
う事業

(2) 成長産業振興・発展対策支援事業
 国の同意を受けた広域基本計画を推進するために、地域における産学官の広域的
な人的ネットワーク形成及び販路開拓等の活動を行う事業


 公募期間:平成25年3月14日(木)〜4月12日(金)※12時必着


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k130314001.html




○「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金」の公募

 本補助金は、日本経済再生に向けた緊急経済対策(平成25年1月11日閣議決定)
に基づき実施する施策です。円高・エネルギー制約の高まりの中、産業競争力・空
洞化防止に役立てる先端生産設備等の導入を進める民間事業者を支援します。
 以下の補助対象事業A又はBに該当する事業に要する設備費等の一部を補助しま
す。


 補助対象事業:
 A 付加価値額の増加や省エネ等に大きく資する事業計画を実施するための先端
   生産設備を導入する事業
 B 我が国産業の競争力の源であるコア部品・素材の生産拡大が見込まれる事業
   計画を実施するための先端生産設備を導入する事業

 補助率:原則 1/3以内(中小企業 1/2以内)

 補助限度額:上限額 120億円

 公募期間:平成25年3月15日(金)〜4月25日(木)正午
      ※早期受付案件は4月4日(木)正午締切


※ 応募される方には、事前に本事業を実施する予定場所を所管する経済産業局へ
のご相談が勧奨されています。


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130315002/20130315002.html

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k130315003.html


※ 各経済産業局等で以下の通り公募に際しての事業説明会が開催されます。
 詳細については、各経済産業局へ直接お問い合わせください。

http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/downloadfiles/k130315003_04.pdf




○構造改革特区・地域再生の提案募集及び事前相談

 内閣官房地域活性化統合事務局では、構造改革特別区域法に基づく新たな規制の
特例措置及び地域再生法に基づく地域再生の推進に資する新たな税制・財政・金融
上の支援措置等の提案を募集しています。
 提案は、地方公共団体はもとより、民間企業、各種団体、個人等を問わず、誰で
も提出可能です。
 また、提案を検討されている方々からの事前相談を受け付けています。


 募集期間:平成25年3月15日(金)〜4月15日(月)

 事前相談受付期間:平成25年3月8日(金)〜4月15日(月)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/boshu23/20130308/index.html




○PPP(官民連携)/PFI推進のための案件募集

 国土交通省では、従来のPFI制度に基づく事業を拡大するとともに、新たなPPP/
PFI制度の構築と具体的な案件形成を推進しています。
 このため、検討課題を有する具体的な案件を題材として、新たな官民連携事業の
導入等を目的とした調査・検討や、官民連携事業導入の検討に要する地方公共団体
等の調査委託費への助成を以下のとおり実施します。
(※本募集は、平成25年度予算の成立を前提に行うものであり、国会における予算
審議の状況によっては、調査・検討及び助成事業の内容等を変更する場合がありま
す。)


1.官民連携事業の推進に関する検討調査(国土交通省による調査実施)

 募集期間:平成25年3月5日(火)〜4月19日(金)(7〜8月頃2次募集予定)
 募集対象:地方公共団体等・民間事業者


2.先導的官民連携支援事業(地方公共団体等による調査実施への補助)

 募集期間:平成25年3月5日(火)〜4月19日(金)(7〜8月頃2次募集予定)
 募集対象:地方公共団体等


3.震災復興官民連携支援事業(地方公共団体等による調査実施への補助)

 募集期間:平成25年3月5日(火)〜4月19日(金)
 募集対象:東日本大震災復興特別区域法の対象区域内の地方公共団体等


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo21_hh_000007.html




○経済対策の概要を紹介する説明会の開催

 経済産業省は、本年1月11日にとりまとめられた「日本経済再生に向けた緊急経
済対策」において、平成24年度補正予算、平成25年度予算を合わせ、総額約2兆円
を超える規模の施策を盛り込みました。
(※平成24年度補正予算は国会で成立しました。平成25年度当初予算は、現在開会
中の通常国会で審議中です)。
 これらを分かりやすくまとめた冊子を使い、地域企業の方々に広く活用いただく
ための説明会を全国各地で開催します。

 開催日:平成25年3月中旬〜下旬
 開催地:福岡市※、大阪市※、仙台市、さいたま市、名古屋市、盛岡市、長野市、
     水戸市、前橋市、甲府市、高松市、札幌市、静岡市、宇都宮市、千葉市、
     富山市、広島市、横浜市(※は終了)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130308004/20130308004.html




○海外展開のためのF/S支援事業の公募

 アジア新興国等のマーケットの拡大や為替変動等によるコストダウンの要請、市
場での価格競争の激化等、中小企業の経営環境はより厳しさを増しています。グロ
ーバル化の進展のなか、海外の成長マーケットでの市場開拓は大きなビジネスチャ
ンスです。
 中小機構では海外への投資や販路開拓等、海外展開を計画する中小企業者の皆様
に必要なF/S(フィージビリティ・スタディ)を支援する事業を実施します。


 募集期間:平成25年3月7日(木)〜3月28日(木)(必着)


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/information/075690.html




○平成24年度「次世代型熱利用設備導入緊急対策事業」に関する補助事業の公募
 (再掲)

 株式会社三菱総合研究所(次世代型熱利用設備導入緊急対策事業事務局)は、既
設の工場・事業場等における「これまで未利用であった低温廃熱を回収・有効利用
できる革新的な設備」の導入において、「廃熱利用の温度帯(低温域)」「技術の
革新性」「廃熱利用による省エネルギー効果」「量産による価格低減効果」を踏ま
え、政策的意義が高いと認められ、かつ、交付規程および必要な要件を満たす事業
に対して国庫補助金(経済産業省からの次世代型熱利用設備導入緊急対策費補助金
交付要綱第3条に基づく国庫補助金)の交付を行います。


 補助対象経費:設計費、設備費、計測装置費、工事費、諸経費

 補助率:1/2以内または1/3以内
     (ただし、1事業当たりの補助金額が100万円未満の場合は対象外)

 公募期間:平成24年12月14日(金)〜平成25年3月29日(金)17:00必着


 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.mri.co.jp/NEWS/press/2012/2043613_2212.html




○平成23年度「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」の公募
 (再掲)

 本事業は、電力需給対策の一環として、一般家庭及び事業所等で定置用リチウム
イオン蓄電池の導入に際し、設置する機器及び付帯設備費用を補助し、電力使用の
合理化の取り組みを促進することを目的とするものです。
 一般社団法人環境共創イニシアチブでは、指定する蓄電システムの導入を行う一
般家庭や事業所等に対して、導入のための経費(蓄電システム費用、工事費用の一
部)を予算の範囲内で補助します。


 補助率:定率(1/3)

 補助上限額:法人の場合 1億円

 公募期間:平成24年3月30日〜平成26年1月末日


 詳細については、以下をご覧ください。

http://sii.or.jp/lithium_ion/?archives=7




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆イベント情報◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


○千葉市企業立地セミナー 開催のご案内

  主催  :千葉市
  日時  :平成25年3月22日(金) 14:00〜17:00
  場所  :大手町ファーストスクエア カンファレンス(イーストタワー2F)
       (東京都千代田区大手町1-5-1)

http://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/kikaku/kigyou_ricchi_seminar.html




○神戸市ビジネスセミナー&見学会 開催のご案内

  主催  :神戸市
  日時  :平成25年3月22日(金) 13:00〜19:00
 
第一部  :見学会 13:00〜
集合場所 :新幹線新神戸駅改札口左側 案内所前

第二部  :セミナー 16:00〜
  場所  :計算科学センタービル 2階 セミナー室
      (神戸市中央区港島南町7-1-28)

http://www.sangyo-times.jp/seminarDtl.aspx?ID=36

http://www.city.kobe.lg.jp/business/attract/topics/img/130215.pdf




○大阪ベイエリア見学・分譲説明会 〜夢洲の先行開発地区 まもなく進出事業者
 募集開始〜 開催のご案内

  主催  :大阪市、(財)大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致セン
       ター)/夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
  日時  :平成25年3月22日(金) 14:00〜18:30
  場所  :ATCビル O's棟6階南コンベンションルーム1
       (大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10)ほか

http://www.investosaka.jp/event/2013.html#20130322




○横浜市企業誘致トップセミナー 開催のご案内

  主催  :横浜市
  日時  :平成25年3月25日(月) 14:30〜16:30
  場所  :東京ミッドタウン・カンファレンス ルーム7(4F)
       (東京都港区赤坂9-7-2)

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/yuchi/support/topseminar201303.html




※ 企業立地に関連するイベント情報をお伝えします。工場立地相談窓口のホーム
ページでもご案内しています。(http://ritti.jp/
 掲載を希望される方からのご連絡をお待ち申し上げております。




-------------------------------------------------
企業立地フェア2013 出展者募集のお知らせ
-------------------------------------------------

 地域活性化や地域再生を進める地方公共団体や団体と、最適なビジネス環境や優
秀な雇用確保を求める企業や産業とのマッチングの場として、「企業立地フェア
2013」が開催されます。現在、出展者を募集しています。


  主催  :一般社団法人日本経営協会
  日時  :平成25年5月15日(水)〜17日(金) 10:00〜17:00
  場所  :東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟
       (東京都江東区有明3-21-1)

 詳細については、以下をご覧ください。

http://www.noma.or.jp/bcd/2013/shutten/index.html




■□■★☆★―――――――――――――――――――――――――★☆★□■□


企業立地関連情報アラカルト


「特定求職者雇用開発助成金」

 新たにハローワーク等の紹介により高年齢者(60歳以上65歳未満)、障害者等の
就職が特に困難な者を継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主、65歳以上
の離職者を1年以上継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主又は東日本大
震災による被災離職者及び被災地域に居住する求職者の方(65歳未満)を継続して
1年以上雇用することが見込まれる労働者として雇い入れた事業主に対して賃金相
当額の一部の助成されます。


1.主な受給の要件
 対象労働者をハローワーク等(※)の紹介により、雇用保険の一般被保険者とし
て新たに雇い入れ、助成金の受給終了後も引き続き相当期間雇用することが確実と
認められること。
 
(※)ハローワーク、地方運輸局及び雇用関係給付金の取扱に係る同意書を労働局
に提出している有料・無料職業紹介事業者及び無料船員職業紹介事業者



2.対象労働者
 雇入れ日現在の満年齢が65歳未満の以下のいずれかに該当する労働者
 ・60歳以上の者
 ・身体障害者
 ・知的障害者
 ・精神障害者
 ・母子家庭の母等
 ・中国残留邦人等永住帰国者
 ・北朝鮮帰国被害者等
 ・認定駐留軍関係離職者(45歳以上)
 ・沖縄失業者求職手帳所持者(45歳以上)
 ・漁業離職者求職手帳所持者(45歳以上)
 ・手帳所持者である漁業離職者等(45歳以上)
 ・一般旅客定期航路事業等離職者求職手帳所持者(45歳以上)
 ・認定港湾運送事業離職者(45歳以上)
 ・その他就職困難者



3.受給額

 @短時間労働者以外
┌──────────────┬─────────┬─────────┐
│     対象労働者     │   支給額    │  助成対象期間  │
|              ├────┬────┼────┬────┤
|   (一般被保険者)   | 大企業 │中小企業│ 大企業 │中小企業│
├──────────────┼────┼────┼────┼────┤
│ 高年齢者(60歳以上65歳未満) │ 50万円│ 90万円│ 1年 │ 1年 │
│ 母子家庭の母等       │    │    │    │    │
├──────────────┼────┼────┼────┼────┤
│ 重度障害者等を除く身体・  │ 50万円│ 135万円│ 1年 │1年6か月│
│ 知的障害者         │    │    │    │    │
├──────────────┼────┼────┼────┼────┤
│ 重度障害者等※       │ 100万円│ 240万円│1年6か月│ 2年 │
└──────────────┴────┴────┴────┴────┘
 (※)重度身体・知的障害者、精神障害者、45歳以上の身体・知的障害者


 A短時間労働者(1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の労働者)
┌──────────────┬─────────┬─────────┐
│     対象労働者     │   支給額    │  助成対象期間  │
|              ├────┬────┼────┬────┤
|   (一般被保険者)   | 大企業 │中小企業│ 大企業 │中小企業│
├──────────────┼────┼────┼────┼────┤
│ 高年齢者(60歳以上65歳未満) │ 30万円│ 60万円│ 1年 │ 1年 │
│ 母子家庭の母等       │    │    │    │    │
├──────────────┼────┼────┼────┼────┤
│ 身体・知的・精神障害者   │ 30万円│ 90万円│ 1年 │1年6か月│
└──────────────┴────┴────┴────┴────┘


 詳細については、お近くのハローワークまたは各都道府県労働局へお問い合わせ
下さい。




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口活動状況◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 平成25年2月1日から末日までの工場立地相談窓口活動状況です。


  <相談等内容>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 情報提供     │    28   │   30.1%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業立地促進法  │    4   │    4.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業誘致     │    13   │   14.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 用地選定     │    17   │   18.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 団地開発     │    7   │    7.5%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 法律・許認可手続 │    7   │    7.5%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 優遇措置     │    9   │    9.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    8   │    8.6%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │    93   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘



  <相手先割合>

   ┌──────────┬───────┬─────────┐
   │  内容      │   件数   │    割合    │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 都道府県     │    9   │    9.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 市町村      │    31   │   33.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 公社・団体等   │    4   │    4.3%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 企業       │    49   │   52.7%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ その他      │    0   │    0.0%   │
   ├──────────┼───────┼─────────┤
   │ 合計       │    93   │   100.0%   │
   └──────────┴───────┴─────────┘




┼───────────────────────────────────┼
  ◆◇◆工場立地相談窓口についてのお知らせ◆◇◆
┼───────────────────────────────────┼


 工場立地相談窓口の専門家は、3月1日から25年度事業開始時にあらためて配置
されるまでの間、不在となっております。
 3月中にご相談等がおありの方は、東京の工場立地相談窓口本部事務局、もしく
は各経済産業局までご連絡ください。
 ご利用の皆様にはしばらくの間、ご不便をお掛けいたしますが、ご理解の上、引
き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。




■ 編集後記 ■------------------------------------------------------------

 4年ごとに開催される野球のWBCでは、3連覇を目指す侍ジャパンが無事決勝ラ
ウンドまでコマを進めました。今や日本のプレーヤーが世界の一級品であることは
疑う余地はありませんが、グローブ、バット、スパイクなど道具の方も日本製は一
級品です。微妙な手触り、バランスなど調整しながらまさに職人技で仕上げます。
実は野球に限らず、陸上、水泳、バトミントン、卓球など多くの競技分野で多くの
世界中のトップアスリートが日本製の道具を使用しています。高い技術と技能に支
えられている日本のものづくりがあればこその結果だと思います(成)。
                                  ♪♪♪
--------------------------------------------------------------------------

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 このメールマガジンは、HPでお申し込みいただいた皆様、工場立地相談窓口の職
員と名刺交換をさせていただいた皆様に配信しております。ご登録いただいたメー
ルアドレス等の情報はメルマガの配信及び制作以外には使用いたしません。
 ご意見・ご質問、配信中止・変更のご連絡は、下記アドレスまでお願いいたしま
す。(登録・解除はHPからもできます。http://ritti.jp/mail_maga/index.html
 
     工場立地相談窓口 本部事務局
    ┌――┐
    |\/| E-mail:rittisien@jilc.or.jp
    └――┘ TEL:03-3518-8966  FAX:03-3518-8969

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘