救急箱, グリーン, ボール, 時計 が含まれている画像

自動的に生成された説明

袖ケ浦市

 

〈補助金、融資、奨励金等の特別な優遇措置〉

条例名

制定年月

対象者の要件

内容

袖ケ浦椎の森工業団地企業立地促進条例

H16.12

H27.3

改正

【企業立地奨励金】

袖ケ浦椎の森工業団地内に工場等を新設した企業。

袖ケ浦椎の森工業団地内に新設した工場等に係る固定資産税の納付額の100分の50に相当する額を5年間交付する。(限度額年2億円)

重点立地促進分野であって、操業開始日における事業従事者数が50人以上の場合は、固定資産税の納付額に相当する額を3年間交付する。

(限度額年2億円)

【地元雇用奨励金】

袖ケ浦椎の森工業団地内に工場等を新設する企業が、市内に1年以上住所を有する者を工場の操業開始の1年前の日から操業開始後1年以内に常用雇用者として新規に雇用し、かつ、雇用した日から起算して1年以上雇用した場合。

1人当たり30万円を1回限り交付する。

袖ケ浦市企業振興条例

H22.4

H26.12

改正

【新規立地奨励金

一体の工事により取得した対象施設の新設で投下固定資産額が3億円以上。

中小企業者にあっては1億円以上(宿泊施設にあっては5,000万円以上、卸売・小売関連施設にあっては投下固定資産額(土地に係る部分を除く。) が5,000万円以上)のもの。

対象施設に係る各年度における固定資産税納付相当額の100分の50に相当する額を、固定資産税が課せられることとなる翌年度から5年間交付する。ただし、1事業者につき1年度当たり2億円を限度とする。

【大規模設備投資奨励金

一体の工事により取得した対象施設の増設で投下固定資産額が5億円以上(研究関連施設にあっては3億円以上)。

中小企業者にあっては1億円以上(宿泊施設にあっては5,000万円以上、卸売・小売関連施設にあっては投下固定資産額(土地に係る部分を除く。) が5,000万円以上)のもの。

対象施設に係る各年度における固定資産税納付相当額の100分の50に相当する額を、固定資産税が課せられることとなる翌年度から3年間交付する。(研究関連施設にあっては5年間)ただし、1事業者につき1年度当たり1億円(研究関連施設にあっては2億円)を限度とする。

【環境対応型設備投資奨励金

環境対応型施設の新設又は増設で投下固定資産額が3億円以上(中小企業者にあっては5,000万円以上)のもの。

対象施設に係る各年度における固定資産税納付相当額の100分の50に相当する額を、固定資産税が課せられることとなる翌年度から5年間交付する。ただし、1事業者につき1年度当たり1億円を限度とする。

【累積投資型奨励金】

中小企業者が一体の工事で取得した対象施設の新設、増設又は更新であって、投下固定資産額が当該施設に係る操業を開始した日から3年を経過する日までに2億円以上(宿泊施設にあっては1億円以上、卸売・小売関連施設にあっては投下固定資産額(土地に係る部分を除く。)が1億円以上)のもの。

対象施設に係る各年度における固定資産税納付相当額(卸売・小売関連施設にあっては家屋及び償却資産に係る固定資産税納付相当額)の100分の50に相当する額を、固定資産税が課せられることとなる翌年度から5年間交付する。ただし、1事業者につき1年度当たり2億円を限度とする。

【地元雇用奨励金

対象施設の新設又は増設に伴い、市内に1年以上住所を有する者を工場の操業開始の1年前の日から操業開始後1年以内(累積投資型奨励金の交付を受けようとする場合は、計画された投資が完了する日まで)に常用雇用者として新規に雇用し、かつ、雇用した日から起算して1年以上雇用した場合

新規雇用者1人当たり30万円とする。1回限り。

 

 

戻 る