西桂町

 

〈西桂町創業支援事業補助金〉

適用基準

措置事項

措置範囲

適用期間

投下固定資本額

(万円以上)

従業員

(人以上)

次に掲げる要件をすべて満たす者とする。ただし、町長が特に認める場合は、この限りでない。

 

(1)   補助金の申請年度内に創業を行う者又は

申請時に創業の日から2年未満の者

() 市区町村税等の滞納をしていないこと。

() 暴力団員による不当な行為の防止等に関

する法律(平成3年法律第77号)第2条

第2号に規定する暴力団に関係するもの

でないこと。

() 許認可等を要する業種にあっては、当該

許認可等を受けていること(当該許認可

を受けることが確実を認められる場合を

含む。)。

() 町内で2年以上継続して「補助対象事業」

を営業することが見込まれること。

() 申請書に添付する事業計画書について、

西桂町商工会の指導を受け作成している

こと。

() 西桂町商工会に加入すること。

() 過去に、この要綱に基づく補助金の交付

を受けていないこと。

補助事業者は、補助金に係る事業が完了したとき(中止又は廃止の承認を受けたときを含む。)は、その日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定のあった日の属する年度の末日のいずれか早い日までに、西桂町創業支援補助金実績報告書(様式第5号)に次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

 

(1)  補助対象経費にかかる契約書(発注書)、請求書、領収書、支払済みを確認できる書類(通帳等)等の写し

(2) 事業実施写真又は成果物等

(3) 税務署に提出した「個人事業の開業・廃業等届出書」の写し(個人事業者)

(4)  定款及び登記事項証

明書の写し(法人)

(5) 許認可証の写し(必要業種)

(6)  その他町長が必要と

認める書類

創業に係る経費かつ、その金額の2分の1以内とし、50万円を上限とする

補助金の交付を決定した日の属する年度及び前年度までとする

 

 

〈補助金、融資、奨励金等の特別な優遇措置〉

条例名

制定年月

対象者の要件

内容

西桂町企業の奨励に関する条例

H20.3

町内に工場及び事業者の新設及び増設

○新設

 投下固定資産総額5,000万円以上

 常時使用従業員20人以上

○増設

 増設部分の投下固定資産総額

3,000万円以上

奨励金

○固定資産税額の相当額

(3年間)

西桂町創業支援事業補助金

R2.3

・補助金の申請年度内に創業を行う者又

は申請時に創業の日から2年未満の

者。

・市区町村税等の滞納をしていないこと。

・暴力団に関係するものでないこと。

・町内で2年以上継続して「補助対象事

業」を営業することが見込まれること。

・西桂町商工会に加入すること。

                 等

創業に係る経費への補助金

・補助金の額は、補助対象

経費の2分の1以内と

し、50万円を上限